Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
おすすめサイト紹介
アロマ&クレイ E-Conception
おすすめツイッター
福島麻紀子のツイッター
イーコン・スタッフのツイッター
おやすみ猫のつぶやき
Recommend
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子,ICA国際クレイセラピー協会
私の3冊目の書籍です。クレイセラピーの基本から使い方まで詳しくわかる1冊。クレイ内服が気になる方は要チェック!
Recommend
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり! (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子
双子の娘たちと過ごした日常から生まれた、安全で使えるレシピをまとめた本です。
Recommend
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に (JUGEMレビュー »)
国際美容連盟,福島 麻紀子
市販の化粧品がお肌に合わない方へ。自然素材を使って、ファンデや口紅など、メイクアップ化粧品が簡単に作れちゃうんですよ!
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
さんご礁と海ガメに学ぶ生き方
LE島全景

みなさん、年末年始、いかがお過しですか?

私たちは、クリスマスから昨日まで、グレートバリアリーフの最南端 Lady Elliot Island に行ってました。

環礁になっていて、島全体がさんご礁で囲まれています。

ベッドが置いてあるだけの質素なお部屋ですが、その前はいきなりビーチ&ラグーン。

LEビーチ

お天気はイマイチでしたが、水中に入ってしまえば、曇っていようが雨が降っていようが関係ないです。


連日のスノーケル三昧で、顔は水中めがね焼け、足じゅう青アザだらけという無様な姿ですが、
そんなことはどーでもよく、「故郷に還りたい」ホームシック状態です。

LEさんご

海のなかには、なにか「なつかしさ」を彷彿させる心地よさがあって、
「やっぱりわたしは地球に属していないんだ…」という感覚がますます溢れてきます。

考えてみると、海もまさしく地球の一部なのですが、
海の中に、わたしの魂の故郷に共通する波動があるようで・・・

その「なつかしの波動」に引き寄せられて、何度も何度もスノーケルに出かけました。

LEさんご礁

グレートバリアリーフの海は、北から南まで、いろんなところを体験しましたが、
この島は、内海ラグーン内のさんごが比較的破壊されずにいる点がユニークかもしれません。

ほとんど波のない、背の立つところで安心して さんごとお魚を探索できます。


特筆すべきは、大きな海がめさん。

LEうみがめ

海に入るたびに何匹も出会えるのですが、やっぱり出会うたびに感動します。

カメさんも人を恐れる様子はなく、全然気にせずに悠々と泳いでいます。

まるで水中を飛ぶ鳥のように、優雅にゆったりと泳ぐ姿。。。

うれしくなって、つい、ついていきたくなります。

ほとんど手足(?)を動かすこともなく、スイスイすすむコツは何だろう?と観察していると、
潮の流れをよくつかんでいるんですね。

流れに乗っているだけ。
流れが変わると、方向転換。

「ああ、これか!」と思いました。

LEココナツ

つまりですね、、、

私たち人間は、大変だ〜大変だ〜と苦労したり努力したりするわけですけど、
それって、潮の流れに逆らって泳ごうとするから大変なだけなのですよね。

そりゃ、潮の流れに逆らって泳ごうとしたら、フィンを一生懸命動かさなきゃいけないし、
波にぶちあたって水中マスクがズレたり、パイプから水が入ってきたりして大変です。

でも、けっこう荒れた海でも、流れに沿って泳いでいると、すいすいラクチンなのです。

で、北から南に向かって泳いでも、南から北に向かって泳いでも、通るルートは同じ。

違いは、必死こいて溺れかけながら泳いでいたら、せっかくの美しい海を楽しめないけど、
流れに乗ってラクラク泳いでいたら、海の美しさを思う存分楽しめるってこと。

なぁ〜んだ、です。

LEひとで

ポイントは、流れを感じ取ること。

私たちは「こっちの方向に行かなくては」と思い込んでがんばるのだけど、
それが逆流なら、自分に合ったルートではないのかもしれない。
タイミングが違うのかもしれない。

いま、自然と楽しめる流れをつかんで、そっちのルートを楽しんでいたらいいんじゃない?

そして、潮の流れをつかむには、どうしたらいいか?というと
「リラックスしていること」ですね。


じたばたもがきあがいていたら、流れがどっちから来ているのか、感じとる余裕がありません。

全身の力を抜いて、海にぷか〜んと浮かんでいたら、自然と流れが連れていってくれる方向がわかります。


もっとラクチン、ノーテンキに生きていいんだなあ。。。



LEしまだい


↑シマダイさんの顔アップが、ひょうきん(^^;)。


みなさん、どうぞよいお年をお迎えください!


JUGEMテーマ:日記・一般


posted by: 福島麻紀子 | 癒しの画像 | 11:32 | comments(9) | - |
明けましておめでとうございます。
いい所ですね、Lady Elliot Island。
ぜひいつか行ってみたいです。
水中写真も素晴らしいです。
ぼくは海に潜って水に身体を包まれていると、自分が地球に属しているとしみじみ思います。
胎内復帰願望かも(^^;)。
ではでは、今年も良い年でありますように!
| Tatsuo Yamaguchi | 2011/01/02 9:49 AM |
たしかに「羊水」のような安心感もありますね。海=母なる地球。人それぞれ、いろんなところで「なつかしさ」を感じたりするんでしょうね。
| 福島麻紀子 | 2011/01/02 11:25 AM |
なんか本日のブログで
すごく大切なことを教えられた気がしました・・・
私、もがきすぎて溺れてました、間違いなく(笑)

「ゆったり流れにのる」
ますますどうしていいのかわからなかったりするのですが
(@_@;)
少し自分の流れを見つめ直したいと思います。

| Aki | 2011/01/05 12:53 PM |
全身の力を抜いて、ぷかーんと浮かんでみる。つまり、現状そのまますべてに「OK出し」するってことですね。今の状況を変えようとか、なんとかしなくちゃとか思うのをいったんやめて、「いいじゃん、このまんまで」と認める。そのとき、どんなことに興味が湧くか、何に心動かされるか? そこに「流れ」のヒントがあるのではないかと思います。
| 福島麻紀子 | 2011/01/05 4:39 PM |
全身の力を抜いて、ぷかーんと浮かんでみる。つまり、現状そのまますべてに「OK出し」するってことですね。今の状況を変えようとか、なんとかしなくちゃとか思うのをいったんやめて、「いいじゃん、このまんまで」と認める。そのとき、どんなことに興味が湧くか、何に心動かされるか? そこに「流れ」のヒントがあるのではないかと思います。
| 福島麻紀子 | 2011/01/05 4:40 PM |
はじめまして。
初コメントをさせていただきます。
私も同じオーストラリアに住む、ナチュラルであることをこよなく愛するアロマセラピストです。
まきこさんのブログを読んで、とても共感できました。
「流れに乗る」という言葉が、本当につい最近心にふっと浮かんできて、かたくなになりがちだった自分を振り返っていました。
下の娘を見ていていつも「もっと楽に生きよう」ってメッセージを受け取っています。

スノーケルとダイビングが大好きな私なので、早くまた海の中に入って“地球の中のちっぽけな私”を感じ取りたいです。

またコメントさせてくださいね。
| benatural | 2011/01/07 8:27 PM |
初コメントありがとうございます。
「流れに乗る」「らくらく生きる」ということは、本来、子どものほうがよく知っているようです。そういう面を「矯正」されて「大人」になっていきますが、矯正しなかったらどうなるかな?とウチの子たちを見ています(^^;)。
| 福島麻紀子 | 2011/01/09 10:16 AM |
はじめまして、こんにちは♪
偶然こちらのブログに辿り着きました^^

写真とても素敵ですね!
一番上の写真も、水中の写真も全て
麻紀子さんご自身で撮られたのですか?
とても癒されました(。´'ー')b
こんにちは。写真は私が撮影しています。最後の一枚「マダイのアップ」は父の作品です。
| 福島麻紀子 | 2011/09/21 9:08 AM |