Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
おすすめサイト紹介
アロマ&クレイ E-Conception
おすすめツイッター
福島麻紀子のツイッター
イーコン・スタッフのツイッター
おやすみ猫のつぶやき
Recommend
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子,ICA国際クレイセラピー協会
私の3冊目の書籍です。クレイセラピーの基本から使い方まで詳しくわかる1冊。クレイ内服が気になる方は要チェック!
Recommend
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり! (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子
双子の娘たちと過ごした日常から生まれた、安全で使えるレシピをまとめた本です。
Recommend
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に (JUGEMレビュー »)
国際美容連盟,福島 麻紀子
市販の化粧品がお肌に合わない方へ。自然素材を使って、ファンデや口紅など、メイクアップ化粧品が簡単に作れちゃうんですよ!
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
多肉ちゃん☆ラブ
6月に参加した「風水ワークショップ」(レポートはこちら)多肉植物の寄せ植えを持ってきてくださったのは、ブリスベン在住のなつきさん
その美しさに一目ぼれ!!(多肉ちゃんに、です。あ、でも、なつきさんもかわいくてステキな女性ですよ〜)

多肉ちゃん、ぷりぷり!超かわいい〜〜〜!!

なつきさんに「多肉ワークショップやって〜〜!」とお願いしていたのですが、お互いのおうちがけっこう遠くて。。。

どうにも待ちきれないイラチな私は、「多肉カット50種類入り 40ドル!セット」をオンラインで見つけて注文しちゃいました。

やってきたのは、小さな多肉の赤ちゃんたち
カットだから根っこが生えるまで育てないといけないらしい。

そこで、多肉の赤ちゃんを育てるための培養ボックスを作って、毎日水やり、待つこと3週間。

succulents.jpg

そして、根っこが生えてきたことを確認して、こんなアレンジメントを自己流で遊んでました。

P1110185_succulent.jpg
※ガラス容器はIKEAで$2以下でした。

いやあ、楽しい、楽しい。
やっぱり植物はいいなあ。

楽しいのはいいのですが、やっぱり多肉ちゃんたちの性格を知り尽くしていない私。

衰弱していく子がいても、
お水が足りないのか、はたまた、多すぎなのか、
土がいけないのか、置いてる場所がいけないのか、
それとも、日光が足りないのか、日当たりすぎなのか?
・・・が判断できず。
そのまま、無念にしおれてしまった子もいました。

そしたら、ついになつきさんがワークショップやってくれるって!やったーー!!

でも、遠い。。。(つっても、1時間ちょいなんだけどね、迷わなければ…)

車の運転にあまり慣れていない私にとっては、チャレンジングな距離です。

でも、行きたい。。。

そこで、近所の多肉好きなお友だちを誘って、カーナビ担当をお願いしたのですが・・・案の定、迷子に!!

宇宙人の話に熱中しすぎて(爆)、高速を降りる出口をミスって、ミスったことにも二人して気づかず(爆爆)、ずーーーっと先まで行き過ぎちゃったの!

そこからはカーナビに忠実に、見たこともない山アリ谷アリ川アリの絶景ドライブを楽しんだ末、
いつの間にか、なつきさん宅に無事到着。
しかも、時間ぴったり。
(宇宙人さん、悪口言ってたのに、サポートしてくれて、ありがとう☆)

多肉ちゃんの性格や、ご機嫌伺いのコツ、子育ての仕方を教えてもらって、楽しい仲間のみなさんと一緒に、多肉の寄せ植えをつくりました。

どや!かわいいやろ〜〜! と自慢したくなる出来♪

P1110472_succulent.jpg

***********

なつきさんのおうちの近くに、多肉ちゃん専門店があると聞いたので、帰りがけに寄ってみました。

ただし、「おばちゃん、ちょっと変わってるからね」という警告付き。

一見、ふつうのnursery(植木屋さん?)なんだけど、置いてある植物はぜーんぶ多肉系。

すご〜〜〜い、いろーんな種類がある〜〜〜!! こんな大きいのもある〜〜〜!! かわいい〜〜〜!!

と興奮してみていると、

「あんたら、なにしに来たん?」 ←なぜか関西弁に聞こえる・・・

と、機嫌わるそーな多肉体系のおばちゃんが、怪訝そうに声かける。

おお、これがウワサの・・・

(何しにって、そりゃ、多肉ちゃんを見たいから、場合によっては買いたいから、来たに決まってるじゃん!と心の中でつぶやきつつ・・・)

『近所で、お友だちが多肉のワークショップやってたんですよ』

と返事すると、

「ワークショップって何? 何教わったの? 情報ならインターネットにも出てるやろ。いい本もたくさんあるし」

(ワークショップなんぞ不要じゃい!とでも、言いたげ)

『私たちビギナーなので、世話の仕方とか、寄せ植えの仕方とか、土の準備の仕方とかですね』

「それで、その人はお金をとるんか?」 (ほお、そこまで首つっこみますか…)

『材料費くらいですね。』

「材料って、なんね?」

『ポットとか、多肉ちゃんとか、土とか。彼女が準備してくれましたからね』

(おばちゃん、ちょっと納得した様子)

「で、カラースキムは習ったんか?」

『なんですか、それ?』

と聞いたら、おばちゃん、めちゃ張り切って多肉の色の種類と、そのアレンジの仕方、相性のいいコンビネーションなど、実物並べて講義しはじめました。
なかなか面白くて、おばちゃんの理論を参考に、3つの多肉ちゃんを選びました。

そしたら、

「あんた、それ、よくない。こっちのほうが元気でいい」

とオススメしてくれるのですが、オススメされた子のほうが安いの(爆)。

おばちゃんを味方につけた私、調子に乗って

『この種類が欲しいんだけど、どの子が一番いい?』って聞いたら

「ああ、ここのは全部ダメだね。日当たり強すぎ!」(って、自分の店の商品ケナしてどーする?!正直すぎ!)

鉢の上に載せる小石を見ていると、

「みんな白いのを載せたがるんやけど、多肉に白は合わんのよ。多肉の色を生かしたいなら、これやね!」

と、おばちゃんがおすすめしてくれた小石を買ってきました。

P1110473_succulent.jpg

つっけんどんだけど、本当に多肉が大好きなんだな、このおばちゃん。

で、同じ多肉好きには惜しみもなくアドバイスしてあげたい!

そんなやさしさ&多肉ラブを感じた、楽しいひとときでした。

**************

そこから、さらに1時間のドライブ。

家に着いたら、ツイン・ガールズがダイニング・テーブルで勉強していました。
(今年高校卒業で、ただいま受験勉強中)

自慢の寄せ植えを見せると、「わーお、かわいい!!」 と大好評。

P1110470_succulent.jpg

「私、マムみたいになりたい。」

って二人して言うから、はあ?っと聞いたら、

「突然ピアノ弾きまくりだしたと思ったら、
 子犬育てだすし、
 ペインティング(絵)描いたと思ったら、
 今度は急に家じゅうひっくり返して掃除しまくって(風水のことね)、
 そうかと思えば、多肉に夢中になってる。
 いつも、やってることがランダム(めちゃくちゃ)。
 そういう人になりたい!


・・・あの、、、それって褒め言葉だよね??

やってることがランダム。

ま、楽しいこと、やりたいことだけ、やってるからね。

しかし、それって人生の目標になるのか???

いま、どの学部に願書を出すか、進路選択で悩む17才の娘たちの参考になるのかなあ??


JUGEMテーマ:多肉植物

posted by: 福島麻紀子 | 日記 | 17:43 | comments(0) | - |