Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< October 2017 >>
おすすめサイト紹介
アロマ&クレイ E-Conception
おすすめツイッター
福島麻紀子のツイッター
イーコン・スタッフのツイッター
おやすみ猫のつぶやき
Recommend
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子,ICA国際クレイセラピー協会
私の3冊目の書籍です。クレイセラピーの基本から使い方まで詳しくわかる1冊。クレイ内服が気になる方は要チェック!
Recommend
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり! (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子
双子の娘たちと過ごした日常から生まれた、安全で使えるレシピをまとめた本です。
Recommend
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に (JUGEMレビュー »)
国際美容連盟,福島 麻紀子
市販の化粧品がお肌に合わない方へ。自然素材を使って、ファンデや口紅など、メイクアップ化粧品が簡単に作れちゃうんですよ!
New Entries
Recent Comment
  • Q&A: 奔放さについ憎ったらしくなっちゃう娘と楽しく暮らすには?
    福島麻紀子 (08/10)
  • Q&A: 奔放さについ憎ったらしくなっちゃう娘と楽しく暮らすには?
    あゆみかあさん (08/10)
  • 音楽とフラワーエッセンスで境界線を広げて自由になる!
    福島麻紀子 (08/09)
  • 夫婦のアウフヘーベン 〜タイプの違う夫婦が共に成長するには?
    福島麻紀子 (08/09)
  • 音楽とフラワーエッセンスで境界線を広げて自由になる!
    ひな菊 (08/05)
  • 夫婦のアウフヘーベン 〜タイプの違う夫婦が共に成長するには?
    けいこ (07/28)
  • 夫婦のアウフヘーベン 〜タイプの違う夫婦が共に成長するには?
    けいこ (07/27)
  • 夫婦のアウフヘーベン 〜タイプの違う夫婦が共に成長するには?
    福島麻紀子 (07/25)
  • 夫婦のアウフヘーベン 〜タイプの違う夫婦が共に成長するには?
    かな (07/25)
  • 夫婦のアウフヘーベン 〜タイプの違う夫婦が共に成長するには?
    けいこ (07/24)
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
夫婦のアウフヘーベン 〜タイプの違う夫婦が共に成長するには?
けいこさんから、人生は喜び!質問ボックスにご投稿いただきました!

《夫婦のアウフヘーベン》について です。
いったい、どんなことでしょうね?

**************

こんにちは!
いつも楽しく拝読させて頂いてます。
40代女性、既婚です。

いつの日か、こちらで「夫婦のアウフヘーベンの具体例」について取り上げて下さったら…と思います。

結婚前は、自分とは違う性格の夫に魅力を感じていました。

(私は頭の回転が早く、何もかも計画立てて将来を見据えるタイプ、彼は真逆で回転が遅く、将来は深く考えずに何とかなるさ〜というおっとり・おおらかなタイプ)

ですが何年も一緒に居ると、以前は魅力的に見えたものが、欠点に見えて、ケンカが絶えません。もう疲れました。

ここでアウフヘーベンを起こすには、なにをどのように心がければ良いでしょうか?

妥協して落としどころを見つけるという方法は、いつもどちらが我慢し、悔しい思いをしてます。

双方 win win の形で、より高度な次元にシフトするような解決をしたいです。

よろしくお願いします。

喧嘩の具体例:

過去に約束した事を忘れた夫に対して。

私:「自分の言動に責任を持って!」
「何回同じこと言わせるの!!」

夫:「自分のやらなくちゃいけない事は分かっている。ガヤガヤ言うな」

私: ドッカーーン爆発
「はぁ??忘れた本人が偉そうに言うな!私はあなたと知り合ってから自分の発言には全て責任を持ち、日々生活しています!あなたは何回、自分の発言を覆した?偉そうに私に言える立場か!!??」

夫:「ハイわかりましたごめんなさい」

上記のように、彼の魅力であったはずの大らかさが、今は欠点にしか感じられません。

彼の大らかさと私のディテール・パーソンぶり、どちらも長所とし、
結合させるにはどうしたら良いのでしょうか?

**************



まず、「アウフヘーベン」という言葉が出てきますが、これ、どういう意味でしょう?

ふっふっふ、哲学科出身の血が騒ぎます(笑)

【お願い】 在学中は遊びほうけてたから、詳しいことは突っ込まないでね〜。

アウフヘーベンとは、ドイツの哲学者ヘーゲルが提唱した哲学概念「止揚」のこと。
弁証法という問題解決方法論における、ウルトラCな解決策のこと、とでも言えばいいかな?

相容れない二つの事象があって、そこから結論を導き出そうとするとき、どちらの要件もかなえた第三の解決法=アウフヘーベン。

これって、一種のアセンション、悟りの境地、みたいなもんだと思うんですね。
見ている視点を変えるというか、存在する次元をあげるというか、意識を広げてグレードアップするというか。

で、ご投稿いただいた、けいこさんのご質問は、

「異なるタイプのご主人との間の不調和を解消して、お互いが気持ちよく高めあいながら暮らせる、新しい次元(アウフヘーベン)に転換するにはどうしたらよいか?」

ということだと理解しました。

そこで、まず私がピンと来たのは、ご夫婦の生年月日です。

追加で質問依頼したところ、生年月日とともに、けいこさんが追加情報を送ってくださいました。

**************

双方共にバツイチです。
過去の結婚生活を反省し、活かし、良いパートナーシップを作りたいね、と交際を始めたのですが……一緒になって5年になります。喧嘩が絶えません。

一つ、補足させて下さいね。
昨日、お送りしたフォームで喧嘩の具体例をあげましたが、夫は私から正論を言われて「ごめんなさい」と言う時と、言わない時があります。

言わない時は、必ず
「じゃあ離婚しよう」と言います。
「こんなに合わないなら別れればいいじゃん」という考えです。

私は、「もともとは他人である夫婦が、ぴったり相性が合うわけない。いろいろ乗り越えて、共に成長していきたい」という考えです。

彼が「じゃあ別れる!」という時は本気ではなく、脅し文句のようなものです。
これが出れば、喧嘩を終わらせる事が出来るので……。

でも本気ではないと理解しつつも、何年にも渡り「じゃあ別れる!」を言われてると、しんどくなってきました。自分の無価値観が刺激されます。

こんな夫婦喧嘩が疲れてしまい、いろいろ検索してたら「アウフヘーベン」という解決方法を知り、夫婦喧嘩に活かせたら最高だな、と思いました。

*************

なるほど、なるほど。

「相性合うわけない夫婦だからこそ、ともに成長していきたい!」というけいこさんの真摯なお気持ち、とても共感します。

そして、いろいろ大変なんだけど、「この人と一緒に人生やっていきたい!」というご主人への愛を感じました。


まずは、生まれた日のエネルギーから、お二人が持って生まれてきた性質を読み取ってみました。

最近プチ・マイ・ブームになっているマヤ暦をヒントに。

けいこさんはご自分で分析されているとおり、計画的にチャキチャキと責任感をもってチャレンジしていく性質。
魂的にも、職人気質でコツコツ努力していく方なんですね。

ご主人は、愛情深くおおらかで根拠のない自信をもった方。
さらに潜在意識では「変化」が大好きで、自分が生み出す新しい流れに周囲を巻き込んでいく性質を合わせ持っています。

けいこさんからのご質問内容を拝見すると、
「一度決めたことは責任もって全うするべし。途中で変更なんてありえん!」という信念を持っていらっしゃることが分かりますが、
これは、けいこさんの魂のクセ、みたいなものなんですね。

ところが、ご主人にしてみると、「そんなにキチキチ計画しなくても、なるようになるさ〜」という根拠のない自信(のーてんきとも呼ぶ)があり、
さらに変化、変わることが大好きなので、「前に言ったことなんかより、こっちのほうが絶対いいわ!」とか、「もっといい名案見つけた!」とかって
方針変更したくなるのも当然なんです。

ただし、ご主人の「変化好き」は潜在意識のクセなので、ご本人は自覚していらっしゃらないんじゃないかと思います。

けいこさんの生き方や信念を尊重して、一緒にやっていけるだろうと「楽観」しているところに、なんとなーく気が付いたら「変更」しちゃってる自分に戸惑う・・・みたいな感じかな?と。

ほんっとうに全然違うタイプみたいです(笑)。

けいこさんもご主人も今生では、あえて全然違うタイプの人との関わり合いから学ぶことを選ばれてこられたのでしょう。

では、どうやってアウフヘーベンに持っていくか?ですね。

いつも言ってますが、自分のことは変えられるけど、相手のことは変えられません。
(自分が変わると、相手も変わることもあるし、自分がそんな相手のことが気にならなくなることもあるし、次第に関係が変化し、解消していくこともあります)

この場合は、けいこさんからのご質問なので、けいこさんがまず意識して変わってください。

それは、相手を理解すること、だと思います。

 相手は自分とは違うのだ、ということ。
 そして、その違いを受け入れること。


私も最近すごく思うのですが、人間ってひとりひとり、とてもとても違うものなんですね。
誰でも自分と同じだと思ってしまいがちなのですが、
同じことが起きたり、同じ立場だったりしても、人によって反応、受け取り方、考え方は全然違うものなんです。

育った環境もありますが、生まれもった性質の影響はとても大きいようです。
「魂のクセ」なんですよね。

そして、私たちは自分のこともよく分かっていません。
だから、相手に「自分ってどういう人なのか」をうまく伝えることもできません。

人間って、ほんとにややこしい・・・ 
でも、だからこそ、面白い。


頭の回転の速いけいこさんなので、すでにお気づきだと思いますが、

「一度決めたことは変更せずに責任をもって遂行することが正しいことである」

というのは、けいこさん個人の信念にすぎないんです(笑)。

そういう信念を持たない人、あるいは、そうしないほうが人生がうまくいく人、もいるわけなんです。

そして、えてして、人は途中で計画変更したほうが結果的にうまくいくことも多いものです(笑)。

 計画どおりに実行しなくてもOK
 ってか、そのほうがベターかも。


けいこさんタイプの方には、そんな感覚は想像できないかもしれませんが、
けいこさんも一度お試しで「変更」してみたら、「ほお!」と思うこともあるかもしれません。

もともと持って生まれてきた性質や信念を変えることは 易しくはないかもしれませんが、
「異なる性質の人もいるんだ!」「そこから学ばせてもらおう!」という姿勢でいると、
思いがけなく楽しい展開になることもあると思います。

それが分かっても、きっとけいこさんはこれからもご主人の「責任感のないいい加減な言動」にイラついて爆発することもあるでしょう。

そのイラつきや爆発を抑える必要はありません。

ただ、その兆候となる感情を自分の心のなかにキャッチしたら、ご主人を攻撃(?)する前に
自分のなかで認めてあげて、しっかり感じてあげてください。

感情は認めてもらえると、ご機嫌になって、おとなしくなるのです(笑)。

そうしたら、ご主人との直接衝突の頻度は次第に減っていくと思います。

ここで大切なことは、「ご自分の気持ちを我慢したり妥協したりするのではない!」ってことです。

湧いてくる感情は大切にしてください。
自分のなかで、かわいがってください。

自分の中で大切にしてあげれば、外に出す必要がなくなってきます。


タイプの違うお二人だからこそ、すばらしい「尊重しあい、学びあえる、愛情関係」が築けると思います。

ご参考になれば幸いです。

JUGEMテーマ:人間関係



posted by: 福島麻紀子 | スピリチュアル・コーナー | 18:11 | comments(6) | - |
福島さん

早速ブログで取り上げてくださり、感謝です。
本当にありがとうございます。

やはり自分の感情を感じきる・・が大事なんですね・・。

他人は変えられない、変えられるのは自分だけ、というのもやっと最近理解出来てきつつあります。

今までずいぶんもがいてきました。
自己受容を深める、とかインナーチャイルドを癒す事がどれだけ大事か、も理解でき、むしろこれが王道で、これ以外に自分を救う道はない、というのも気付きました。

またそれを実践するのがいかに大変か・・。
何年もかけてじっくり取り組んでも、なかなか自分の成長を感じられずに悔しいです。

アウフヘーベンというウルトラC が、近道だったりコツだったりするのかな〜って思ったのですが、やはり自分と向き合うのに、近道はないですね・・"(-""-)"

まずは、「正論は人の数だけ」と念頭に、他人の意見を尊重する事から始めたいと思います。

今回は、ありがとうございました!!
| けいこ | 2017/07/24 4:08 PM |
わたしが勝手に自分を投影して見ているだけ、の可能性大なのですが、わたしはけいこさんが

> 妥協して落としどころを見つけるという方法は、いつもどちらが我慢し、悔しい思いをしてます。

と書いてらっしゃる点に、あれっ? と感じました。

 悔しい

という感情って。。。勝ち負けで負けたときに出るものな気がして。

ご自分の意見が通る=勝ち、相手の意見が通る=負け

という認識で、悔しくないことを望んでいるということは「常に自分が勝ちたい」という本音と、それでもご夫君のことを愛しているからご夫君に常に負けさせて悔しい思いをさせるのも不本意、というふうに受け取れます。
それでは赤の他人がアウフヘーベンに当たる道を示しても「それは悔しいいから嫌」にならないのでしょうか?

ゴールは勝つことなのか? 2人が仲良くいられることなのか? とか、瞬間的に湧き出る感情はけいこさんご自身にとってのゴールに向かうことに役立っているのかとか、その辺りを振り返ってみるといいのではないでしょうか? と、わたし自身がしばしば勝ちに行ってしまうので、そう感じました。(^^;; チャック・スペザーノ氏の著作などもおすすめです。
| かな | 2017/07/25 2:11 PM |
けいこさん、さっそくのご返信ありがとうございました。
たしかに結論的には「自分と向き合うのに近道はないね」ってことになっちゃうのかもしれません。でも、じっくり向き合っていれば、確実に成長しますよ。それに、じっくり向き合う過程こそが、この地球にやってきた目的であり「魂のごちそう」なのですよね。
今まで「つらいな、しんどいな」と思っていたことを、「成長のチャーンス!」「これはおもしろい!」と捉えなおしちゃったら人生ラクラクです(笑)。

そして、かなさん。いつもながら鋭い考察!
たしかに、けいこさん「悔しい」という感情が湧いてこられるのですよね。コメントでも「自分の成長を感じられず、悔しい」という表現をされています。揚げ足とってるんじゃなくて、そういう感情が湧いてくるということは、勝ち負け的な判断基準を見直すことで、思わぬアウフヘーベンが見つかるのかもしれませんね。

みんなで気づき合えるって、いいですね!
けいこさん、かなさん、ありがとうございます。
| 福島麻紀子 | 2017/07/25 10:54 PM |
かなさん、はじめまして!
コメントありがとうございます。

まず、私の言葉足らず・表現不足の部分を訂正させてください。

>妥協して落としどころ見つけるという方法は「悔しい」思いをしてます。

の部分ですが、「悔しい」だけではなく、「悲しい」や「寂しい」
や「情けない」もあります。

ですので、勝ち負け的な判断基準で沸いてくる感情、というよりかは、
自己価値を見出せないふがいなさ・情けなさ・無価値感の方が近いです。

また、私もかなさんの書いてらっしゃることで、あれっ?と思ったので、質問させてくだいね。

>赤の他人がアウフヘーベンに当たる道を示しても、「それは悔しいから嫌」にならないのでしょうか?

これの意味が分かりませんでした。もし仮に私が、勝ち負けの判断基準を持ち、本音では自分が勝ちたい、と思っている人間だとしたら、人様からアウフヘーベンの道を示されても響かないのは、何故ですか?私は、アウフヘーベンが知りたいから、ここに相談したのです。もし本当にアウフヘーベンというものが夫婦間でもあり得る事ならば、素直に即実行します。

チャック・スペザーノの本は20年前から読んでいます。「傷付くならばそれは愛ではない」は今も本棚の一番良い所に置いてます。・・が、どのワークをとっても「・・なんだかなぁ・・?」と感じてしまい、ここ何年も開いてません。私の知人でこの本を「バイブルだ!人生変わった!」と絶賛してる人が居ますが、羨ましいです。私には、残念ながら合いませんでした。参考にはなりますが、実際の人間関係が楽になる事はありませんでした。でも、ここ何年も読んでないので、また読んでみたいと思います。今の自分なら、何か感じるものがあるかもしれません。

>ゴールは勝つことなのか?2人が仲良くいられることなのか?

もちろん、後者です。
だからこそ、自分でやれる事は精一杯やっています。

心の器を強くする。感情を感じきる。インナーチャイルドを癒す。
瞑想をする。自分と対話する。今に集中する。親と仲直りをする。
全てに感謝する。フラワーレメディ。認知行動療法のコラムシート。
マインドフルネス・・etc etc…..

過去と他人は変えられないが、変えられるのは自分だけ、というのも理解出来ましたし、
どんな人間関係でも、自己受容が進めば悩みも少なくなる、という事も理解できたので、上記の事を日々実行しています。

でも自己受容は、じっくり自分と向き合ういつつ、何年もかかる作業です。
時々、辛くなります。

こんな日々の中で「アウフヘーベン」という言葉を知ったので、夫婦間で起こるものなのかな。と思ったのです。

アウフヘーベンとは、矛盾や相容れない二つの事があって、どちらの要件もかなえた解決法です。

これを、ものすご〜く極端な言い方をすれば、私はコーヒーが飲みたいけど夫は牛乳が飲みたい。では、カフェオレにすれば私はコーヒーを摂取できて、夫は牛乳を摂取できて、どちらの要件も叶えた解決、となります(^_-)-☆

まさに、ウルトラCです。
やってみたい!と思いました。

と同時に、夫婦間の「相容れない二つの事があった時に、どちらの要件もかなえる事なんて出来るの?」と疑問に思ったので、ここに質問しました。

でも、結局は「自分の感情を感じきる」や「ゴールに向かってその感情は役立っているのか振り返る」って事が大切なんですよね。これって、アウフヘーベンというよりかは、私がここ何年かけて取り組んでいる日々の自己受容の課題です。

ってことは、アウフヘーベンとは今すぐに実行できる解決法や、取り入れられる考え方ではなく、自己受容(自分の感情を感じきる・インナーチャイルドを癒す等々)が進んでいく先に、起こるべきものなんだと理解しています。

でも、自分の感情を感じきった先には、本当にカフェオレ(どちらの要件も叶えるもの)が出るでしょうか?

結局はコーヒーか牛乳(一方の意見に、もう一方が受け入れ、理解する)でしかないような気がするのですが(^_-)-☆

コーヒーだろうが牛乳だろうが、どちらが出ても双方が満足し、双方が嫌な気持ちにならずハッピーでいれる、という心の状態を保てるのがアウフヘーベンなのでしょうかね?

もし、そうだとしたらアウフヘーベンが起きた、というよりかは双方の心が成長した結果だと思います。

あれ?もしかして
 
 『アウフヘーベン=心の成長』 

『アウフヘーベン=自己受容』

なんですかね?

私はてっとり早くカフェオレが飲みたかったのに・・・(^_-)-☆



| けいこ | 2017/07/27 10:57 AM |
福島さんの「みんなで気付きあえるっていいですね!」に、深く共感します。

またひとつ、気付きがありましたのでシェアさせてください。

かなさんのコメントで、

私が発した「悔しい」という一言から、

「勝ち負けという認識を持った人」
「これではアウフヘーベンを解いたところで通じないのでは?」

と頂きましたが、よくぞここまで飛躍したなぁ〜と驚いています。

これを『鋭い考察がある!』と評価する人もいれば、私は『ずいぶんと「歪んだ認知」をお持ちの方だなぁ。この自動思考では、生きづらいだろうな』と感じました。

これも投影なんでしょうね。

私もかなりの「歪んだ認知」を持ってますので。

認知行動療法では、人間なら誰しも持っている自動思考に着目します。
自動思考とは、瞬時に浮かんでくる「認知のクセ・歪み」のようなものです。

ちなみに今回のコメントで、かなさんから感じた認知の歪みは、以下の通りです。

レッテル貼り(自分で勝手に物事を決め付けてしまう)

結論の飛躍(具体的な根拠もないまま、結論を急ぎ、物事を否定的に考えてしまう)


今回、かなさんは私が発した「悔しい」という一言から、私を「勝ち負けという認識の持ち主」というレッテルを貼り、
「これでは他人がアウフヘーベンを解いても通じないのでは?」と具体的な根拠がないまま、否定的に捉えましたよね。

まさに、私が日常生活で夫や娘についついやってしまう自動思考だったのですよ。

鏡を見ているようでした。

なるほど、夫や娘はいつもこんな風に感じてるかもな・・と思うと、大変勉強になりました。ありがとうございます。

結論を飛躍せず、レッテルを貼らず、自分も家族もあるがままで受け入れられるようになりたいな〜。

何かを付け足したり、差し引いたりすることなく、全てそのままを客観視する事が出来たら最高ですね。

大事な気付きを頂きました。
ありがとうございます。

また、福島さんが仰っていた

>「つらいな、しんどいな」と思っていたことを、「成長のチャーンス!」「これはおもしろい!」と捉えなおしちゃったら人生ラクラクです(笑)。

これぞまさに最強だな、と思いました。
何かあったら常に「これはおもしろい!」という認知のクセを持てれば、人生本当にラクラクでしょうね!!

挑戦してみます!!

| けいこ | 2017/07/28 7:10 AM |
けいこさん、コメントいただいていたのに気づくのが遅れて、申し訳なかったです!
カフェオレのたとえは、面白いなと思いました。
コーヒー飲みたい人と、ミルク飲みたい人に、カフェオレ出したら両方のニーズ解決!ってなるようだけど、現実的なところでは、コーヒー飲みたい人はミルクが嫌いだったり、ミルク飲みたい人はコーヒー嫌いだったりするのですよね(笑)。お互いが相手の好きなものを認めてあげられるようになれば、一緒にカフェオレ楽しめるんだけど。
コーヒー嫌いな人がコーヒーもOKになるには、やっぱり嫌いな自分をありのままに受け入れて、そこにある信念を見つけてあげることしかないのかなあ?と思います。でも体質的、心質的にどうしてもNGってこともあるでしょうね。
私は、基本的に「コーヒー好きな人が隣でコーヒー飲んででもいいじゃん、自分は飲まないけど」っていうスタンスです。そこに揺れ動く感情を見つけたら、解放のチャンス!と思ってます。別にがんばってカフェオレ飲まなくてもいいかな〜って(笑)。

| 福島麻紀子 | 2017/08/09 10:54 AM |