Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
おすすめサイト紹介
アロマ&クレイ E-Conception
おすすめツイッター
福島麻紀子のツイッター
イーコン・スタッフのツイッター
おやすみ猫のつぶやき
Recommend
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子,ICA国際クレイセラピー協会
私の3冊目の書籍です。クレイセラピーの基本から使い方まで詳しくわかる1冊。クレイ内服が気になる方は要チェック!
Recommend
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり! (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子
双子の娘たちと過ごした日常から生まれた、安全で使えるレシピをまとめた本です。
Recommend
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に (JUGEMレビュー »)
国際美容連盟,福島 麻紀子
市販の化粧品がお肌に合わない方へ。自然素材を使って、ファンデや口紅など、メイクアップ化粧品が簡単に作れちゃうんですよ!
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子犬育て記 〜巣立ち編
P1100837_lillepote_all.jpg

前回、「子犬育て記」を書いてから、はや1ヶ月。

シャンティかあさんが病に倒れて、私たちが親がわりになって育ててきた7匹の子犬たちも8週目を迎え、それぞれのファミリーに引き渡すタイミング。

週末、7匹のうち、5匹と「さよなら」しました。

※今回は、ブリーダー犬として女の子(ユズ)をウチにキープするし、別のブリーダーさんのところにお婿さん入りが決まっている男の子(ハッサク)はあと1ヶ月ウチにステイします。

8週間、一心に育ててきた子どもたちだから、かわいいに決まってます!

ヒトは現状を維持しようとする習性(ホメオスタシスといいます)があるから、何かが欠けると寂しいと感じるように出来ている。。。と、理屈はわかっていても、やっぱりさみしいものです。

「さよなら」を言うときは、心が「くすん」とします(笑)

そして、飼い主さんが子犬を連れて去ったあとには、大きな声で「ああ、モモ、行っちゃった〜〜!!」と連呼するように繰り返し叫びます。(これ、効果的。自分に現実認識させるので、心が落ち着くみたい)

でも、それぞれの子にぴったりのファミリーを選んだから、み〜んなハッピーになること、間違いなし☆
既に新しい環境にすっかり馴染んでいるようで、安心してます。

みんな愛されて元気に育つんだよ〜〜〜!!


***********

ここで、巣立った子犬たちをしのんで、ひとりひとり紹介しますね☆
(これも、私にとってはヒーリングになってます・・・お付き合いくだされば幸い)

幼名は日本語の果物名をつけました(笑)。

カボス ♂
ユズ ♀
ミカン ♀
ハッサク ♂
アマナ ♀ →甘夏を短縮
モモ ♀ →ここで柑橘系が品切れ(爆)
スイカ ♀

今回もそれぞれにパーソナリティ(ドッグナリティ)が違い、個性豊かな子たちでした。

《おっとりした、やさしい性格がタンク父さんにそっくりの長男カボス君》
BP1100842_kabosu.jpg

《生まれたときから悟りの境地、落ち着いた性格で一人を好み、人にも馴染みにくい 長女ユズ》
YP1100732_yuzu.jpg

《食欲もケンカも甘え方も人並み 次女ミカン》
_DSC00712.jpg

《食欲旺盛でいつも一番デブ、だけど、ケンカには弱いマザコン 次男ハッサク》
_DSC00687H.jpg

《一番チビだけど、一番おてんば。子犬箱を自由に出入りできるアスレチックな 三女アマナ》
RP1100783_amana.jpg

《主張が強く、ケンカに強いガンコ女。ひそかに「メリケル首相」と呼ばれていた、四女モモ》
WP1100729_momo.jpg

《すばしっこくて愛嬌のある、末っ子五女スイカ》

GP1100859_suika.jpg


***********

シャンティかあさんが乳腺炎になっちゃったときは、この子たち全員無事に育てられないかもしれない・・・と途方にくれる気持ちだったけど、なんとか全員元気に育ってくれました。

離乳食もよく食べてくれて、ヒトもお世話の仕方がわかってきて、順調に生後6週間を迎え、るんるん♪

ここで、はじめての予防接種。
これがものすごーくコタえたようで、なんと

全員下痢ピー!!

おかげで、ヒトの仕事がどーっと増えて2週間前の忙しさに後戻りです。ゆう★

7匹のゲリウンを処理して、掃除・洗濯するのも大変な仕事ですが、
それよりなにより子犬たちが水分不足にならないよう、
どこの子のウンコがどういう状態なのかを常に把握する必要があります。

下痢が続いて水分不足になると、とたんに元気なくして、動かない、食べない状態になるんです。
昨日まで、風船みたいにパンパンだったおなかが、あっという間にしぼんでしまいます。

どの子がどのウンコをしたのかを確認するために、
あえてウンコを観察できるタイルの上で遊ばせたり(ウンコ&オシッコするたびに要ピックアップ)、
子犬箱に設置したモニター録画を巻き戻して誰がウンしたか確認する、なんてことまでやってました。

おなかの調子が完全に戻るまでに1週間くらいかかりましたね。ふう・・・

最後の一週間は庭にフェンス張り巡らせて放し飼い(?)にできたので、子犬たちもエネルギー思い切り発散できたようで、ハッピーそうでした。

《子犬専用ガーデン》

P1100770_garden.jpg

そこでふと気づいたのですが、
小さな子犬箱や、狭い場所だと、取っ組み合いのケンカばかりだけど、広い場所に出るとあまりケンカしないんですね。

ケンカも成長過程で大切な学びだし、子犬たちにとっては楽しい遊びなのでしょう。
だけど、行き過ぎた激しい取っ組み合いに発展することもあって、そうなるとケガ犬が出たりもするので要注意なんです。

シャンティかあさんがケンカの仲裁に入ってくれることもあるんだけど、
乳腺炎のおかげで途中から無理やり断乳しちゃったせいか、あんまり熱心じゃなくて。
私たちがストップかけて、NGだよって教えてあげてました。

《囲いの中で、ケンカ大会》

A-DSC01264_kenka.jpg

ところが、広い庭ではあまりケンカしない・・・。

そうか、ヒトも狭い土地にヒトが集まりすぎて人口密度が高まると争いごとが増えるのかな?



子犬たちが生後5週間から7週間までは、私の父が日本から来て滞在してくれて、子犬の世話を手伝いながら写真撮影をしてくれました。

《父が撮影してくれた大家族のポートレート♪ 13人いる!》

DSC01356_fambam.jpg


嵐のように過ぎ去った子犬育て8週間。
多忙な毎日のなかで、今回もいろんなことを経験し、学ばせてもらいました。

命って、自然の一部なんだってことを、改めて実感させられます。

自然っていうのは、やさしそうでいて、そんなに甘くない。コントロール不可能。
混沌として荒々しく厳しい部分もあり、清濁あわせて受けいれる強さを鍛えさせられます。

精油もね、人工的に手を加えられていない天然のナマ精油は、決して「キレイな香り」はしません。
最近、「自然」とうたっているブランドのなかに、精油の一部の成分を加えて人工調整しているものがあるみたいなんですけど、それってどうなのかな?って思う。

とっつきやすい香り、角が磨かれて、きれいに整った香りは、まず天然ものじゃないですよ〜。

もっともそれで望ましい状態が得られるなら、それも選択のうちだけど、
自然って荒々しいからこそ、パワフルなんですよね。

宇宙の秩序は無秩序。
その無秩序なエネルギーをそのまま活用させてもらおう、というのが、アロマやクレイやフラワーエッセンスといった自然療法です。
動物に癒されるのも、予期できない無秩序でファジーな反応に、感情を刺激されるからなんだな、と思ったりします。

子犬育てと関係ないようでいて、そういうこともちゃんと学びながら、E-Conceptionに役立てていますよ手 (なんちゃって)


E-Conceptionの精油は、100%天然、ワイルドです♪


puppy7.jpg

JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 20:25 | comments(0) | - |