Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
おすすめサイト紹介
アロマ&クレイ E-Conception
おすすめツイッター
福島麻紀子のツイッター
イーコン・スタッフのツイッター
おやすみ猫のつぶやき
Recommend
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子,ICA国際クレイセラピー協会
私の3冊目の書籍です。クレイセラピーの基本から使い方まで詳しくわかる1冊。クレイ内服が気になる方は要チェック!
Recommend
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり! (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子
双子の娘たちと過ごした日常から生まれた、安全で使えるレシピをまとめた本です。
Recommend
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に (JUGEMレビュー »)
国際美容連盟,福島 麻紀子
市販の化粧品がお肌に合わない方へ。自然素材を使って、ファンデや口紅など、メイクアップ化粧品が簡単に作れちゃうんですよ!
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子犬育て記(2週間め)
こんにちは! 
2週間のお誕生日を迎えた、乳飲み隊です(^^;)。


P1070270_oppai.jpg

チビ助のダイダイもお兄ちゃんたちにキャッチアップして、お乳争奪戦でも健闘するようになってきました。

どの子もお乳を探すのも飲むのも上手になってきたので、もう乳婆が神経使ってサポートしなくても大丈夫だね、と話してました。

順調に育ってきた子犬たち。
ところが、2週間のお誕生日を目前にして、ショックな事件がありました。

《ニンジャ・ショック》

13日目の朝、乳婆がいつものように子犬たちの体重測定をしようと、長男ニンジャを抱き上げたら・・・

 冷たい!!

 動かない!!!

 まさか、死んじゃったの? ニンジャ、死んでるの?!


子犬が命を落とすのは、ふつう産まれて10日以内と聞いていたので、ここまで大きくなった子が、しかもゆうべまで元気だったニンジャが、朝起きたら死んでるなんて、ほんとうに驚き、ショックでした。体重だって、ちゃんと増えてたんですよ・・・。

冷たいニンジャの体を抱いて、シャンティに気づかれないように授乳室から連れ出そうとするとき、思わず涙があふれてしまいました。

そういえば、ゆうべは目覚めるたびにチェックするモニターカメラに、いつもシャンティ母さんが写っていたんですよね。
ふだんは授乳するときだけ、子犬箱のなかに入るのに。箱の真ん中にいた。

シャンティ母さん、朝までニンジャの死体を抱いて暖めていたようです。

夜のあいだに何が起きたのかは分かりません。
(モニターカメラもずっと録画していたのですが、「もう大丈夫だよね」ってことで、ちょうど録画をやめたところだったんです・・・)

考えられる可能性としては、シャンティ母さんによる圧死か、心臓発作か。

でも、圧死はまず、ありえないはずなんです。
ラースが研究して自作した子犬箱は、内側周囲に手すりのような板が取り付けられていて、シャンティ母さんによる誤圧殺を防ぐつくりになっているんです。
それに、壁とシャンティ母さんの間で圧迫されたとしたら、死体は壁近くで見つかるはず。
だけど、ニンジャは子犬箱の真ん中で眠っていました。

心臓発作は考えられないことはないけど、生後VET(動物のお医者さん)にチェックしてもらったときは、「強い心臓してるね」って褒められてたんですよ、ニンジャくん。

原因は証拠不足で分からないし、どんなに悲しんでも悔やんでも、ニンジャは戻ってきません。
残された6匹の子犬たち、そしてシャンティ&タンクの世話を続けなくては。

庭にお墓をつくって埋めたりしたら、シャンティが探し出してしまうので、死体はVET(動物のお医者さん)に引き取ってもらいました。

そして、いつもと同じ乳婆の日々が続くわけですが、この日はぼーっと、ニンジャのことばっかり考えてました。

兄弟姉妹思いのやさしい長男、ニンジャくん。
短い間だったけど、あなたの命をシェアさせてもらって、ありがとう。
どうぞ安らかに・・・

P1070193_Ninja.jpg


《子犬箱、アップグレード》


子犬たちが飲むお乳の量が増えるにつれて、排泄物の量も増えてきて、シャンティ母さんによる処理だけでは追いつかなくなってきました。

そこで、子犬箱におがくずを入れてみることに。デンマークの農家出身ラースちゃんによると、おしっこで濡れても表面は乾きやすいので、子豚を育てるときに重宝なんだそうです。

おがくず入れてみたら、子犬たちがキャッキャと喜んで遊びはじめました。
いつもは、乳飲んで、寝るだけの「くっちゃねー」隊なのですが、とってもアクティブにハイハイしてます。

おがくずランドで遊ぶ子犬たち↓

P1070292_ogakuzu.jpg

でも、おがくずのダストが口や鼻に入っちゃって、特にシャンティ母さんが舐めて排泄させるのに苦労している様子。

やっぱり、豚と犬は違うか・・・・ってことで(^^;)、別の案を考えました。

古いカーテン布を2つ折にして、間にクレイパウダーをふりかけ、その上に、人工芝を置いてはどうか?と。
人工芝は底に穴が開いているので、おしっこ水分は浸透し、クレイに吸収されるはず。
臭いも同時に吸収されるし、一石二鳥じゃないかってことで。

この子犬箱アップグレード作業の間、とりあえず、子犬たちをシャンティさんの丸クッションに一時避難させると、シャンティ母さんがすかさずそこで授乳しはじめました。

せまい場所で授乳すると・・・

P1070280_oppaismall.jpg

やっぱり危険です。ひとり、母さんの下敷きになって、ピーピー鳴いてました。
乳婆が救出しなかったら、危なかったかも。


ふと、気づいたら、アカネちゃんが目を開いてました。

アカネちゃんのかわいいおめめ↓
P1070277_akane_openeye.jpg

きゃー!かわいい!!

すっごいうれしくなって、前日の「ニンジャ・ショック」から少し立ち直った単純な乳婆(^^;)。

しばらくしたら、タンポポ姉さんも目が開いた!

P1070281_tampopo_openeye.jpg

・・・・のですが、ここで気づいたのです。
このタンポポ姉さんの写真からも分かるのですが、圧殺防止の手すり板に、顔がちょこんと載ってますよね。
そういえば、この顔チョコ状態で眠っている子もいます。

この状態で、シャンティ母さんがどすんと背中を向けて座ると、首が引っかかって窒息死しそうです。。。

もしかしたら、ニンジャくんの死因はコレだったかも。
そして、動かなくなったニンジャを、シャンティ母さんが真ん中につれてきて、暖めていたのかも。

子犬箱の欠陥、発見です。

 どうしたら問題解決できる?

すると、ラースは倉庫に行って、昔ガールズがブラウンレイクで泳ぐときに使っていたヌードル(細長い浮き棒)をもってきました。
これを、子犬箱内側の手すり板の上に取り付ければ、子犬は顔チョコができなくなります。

ヌードルを取り付けたあとの、子犬箱
P1070307_puppybox.jpg

これで子犬の安全度アップ♪

ニンジャくんの二の舞は出しません!


《生後2週間の子犬成長グラフ》

puppygraph151 copy.jpg

おなじみ、乳婆の趣味、子犬体重変動グラフでございます(^^;)。

1週間で体重倍、2週間で3倍になってる子も。ほぼ全員が1キロを超えています。


《さみしいタンク父さん》

タンク父さんはまだイクメンの出番に恵まれず、仲間はずれでさみしそう。

男子禁制の授乳室前で、忠犬ハチ公するタンク↓

P1070185_tank.jpg

それでも、シャンティは出産の翌日からお散歩に行きたがり、お散歩のときは一緒にデートできるので、タンク父さん大喜びです。

一緒にお散歩できて、うれしい♪

P1070164_Tank&sharnti.jpg

そして、授乳のあいまの奥さんケアも怠りません。

奥さんの世話をするタンク↓

P1070238_tankpamper.jpg

でも授乳タイムは父さん置き去りにされてしまい、犬用出入り口もシャンティ専用になってしまったので、ついつい、家のなかで、おそそうしてしまいます。

ゆうべは、うーーーん ぶりぶりっ(^^;)。
しかも、私のローズウッド製グランドピアノの横で。きゃーーー!!

そこで、ラースがタンク専用の出入り口を新設してくれました。

タンク父さんのためのドア新設↓

P1070306_tank_door.jpg


ますます犬仕様に改造されていく我が家。
そして、犬バカ度が悪化の一途をたどる私たち夫婦。

ときに悲しいことも、面倒くさいことも、大変なことも、いろいろあるけど、
あと6週間、子犬たちとの生活をめいっぱい楽しみたいと思います。


あ、そうそう。
6匹の子犬たちを家族として受け入れてくれるファミリー、全員決まりました。
すてきなファミリーばっかりです♪
しかも、ほとんどご近所さんなので、巣立っていったあとも、ときどき会えそうです。


JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 12:59 | comments(0) | - |