Search
Calendar
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>
おすすめサイト紹介
アロマ&クレイ E-Conception
おすすめツイッター
福島麻紀子のツイッター
イーコン・スタッフのツイッター
おやすみ猫のつぶやき
Recommend
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子,ICA国際クレイセラピー協会
私の3冊目の書籍です。クレイセラピーの基本から使い方まで詳しくわかる1冊。クレイ内服が気になる方は要チェック!
Recommend
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり! (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子
双子の娘たちと過ごした日常から生まれた、安全で使えるレシピをまとめた本です。
Recommend
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に (JUGEMレビュー »)
国際美容連盟,福島 麻紀子
市販の化粧品がお肌に合わない方へ。自然素材を使って、ファンデや口紅など、メイクアップ化粧品が簡単に作れちゃうんですよ!
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子犬育て記(5日目)〜子犬プロフィール付き♪
今日も子犬の話題です。5日目です。

乳婆、やみつきです。身も心も完全に犬バカと化しております。

乳婆のお仕事
P1070158_pop.jpg


生後3日目にプロフィール写真を撮影したので、子犬たちの自己紹介を書いてみました(^^;)。

※なお名前はブリーダー協会に登録するための書類上の名前です。
犬舎名が Lillepote(デンマーク語で「小さな手」の意味)なので、各自の名前は日本語でつけてみました。

子犬たちはとてもよく似ているので、見分けるために色違いの首輪をつけています。そのカラーの色に似ている日本の伝統色名を調べながら、思いついた名前です。(ブルータス以外)

※「色が真っ黒だけど、シャンティさんに似なかったの?」と聞かれたりしますが、トリ・カラーのビーグルは生まれたてはみんな黒いみたいです。
成長するにつれて、黒が減って茶色や白など色が入ってきて、いわゆるトリ・カラー(3色)になります。

*******************

《子犬たちの自己紹介》

ニンジャ ♂
Prof_ninja.jpg
「ボクは長男。からだの色柄がシャンティ母さん似。
 乳婆ファミリーが気づく前に、ぽろっと生まれたよ。
 生まれたときはけっこう大きかったけど、下の兄弟姉妹にいいおっぱいを譲ってしまう優しい性格なもんで、最初はなかなか成長しなかったんだ。
 でも、乳婆にサポートしてもらって、だいぶ大きくなったよ。」

ワサビ ♂
Prof_wasabi.jpg
「ボクは次男。緑色の首輪をもらったので、乳婆が”わさび”と名づけたらしい。
 おっぱい大好き。いったん加えたら離さないよ。たとえ、そのまま寝落ちしても乳首は決して離さないのがボクの信条だよ!」

フジ ♂
Prof_fuji.jpg
「ボクは三男。頭の色柄が一人だけ特徴的だよ。
 おっぱい争奪戦は燃える。まだ歩けないけど、ハイハイでいい位置をキープするよ。」

タンポポ ♀
Prof_tampopo.jpg
「わたしは長女。4番目に出てきた初めての女の子だよ。
 生まれたときは小さめだったけど、おっぱいへの執念は人一倍で、あっという間に兄弟姉妹で一番でっかくなったよ。
 乳婆はいつも私を出の悪いおっぱいに回すけど、なんのその。最後までしっかり吸いきるからね。
 乳腺炎対策なら、わたしに任せて。」

アカネ ♀
Prof_akane.jpg
「わたしは次女。顔の大部分が白いので、ルックスは一番ユニークだよ。
 サイズは小さめだけど、おっぱい飲むのは得意なの。
 タンポポ姉さんと二人、紅2点、丸々育ってるよ。」

ダイダイ ♂
prof_daidai.jpg
「ボクは四男。ほんとは、ホワイティ兄さんがいたから五男だったんだけど。
 ホワイティ兄さんがあんなことになっちゃって残念だったけど、ホワイティ兄さんはボクを救ってくれたんだよ。
 ボクは生まれたときから小さくて、おっぱい争奪戦でいつも負けちゃうチビ助。
 乳婆のサポートのおかげで、ようやく力がついてきて、3番目のおっぱいなら自力でゲットできるようになってきたよ。」

ブルータス ♂
Prof_brutus.jpg
「ボクは五男。シャンティ母さんのおなかのなかで、とても大きく育ったものだから、産まれてくるときは大変だった。
 兄弟姉妹よりもだいぶ遅れて産まれたので、しばらくはおっぱい争奪戦が苦手だったんだけど、今ではだいぶ慣れてきたよ。
 おっとりした性格なので、乳婆にサポートしてもらってるよ。」

*******************

日々の体重測定結果をグラフにしてみました。こーゆーことが大好きな乳婆(^^;)。

《子犬別 体重増加グラフ》

puppygraph copy.jpg


ラースは、母と子の健康のために、環境整備に力を入れています。

子育て部屋はこんな感じ。

P1070154_pop.jpg

赤外線ランプ付きの育児ボックス(ラースのお手製)まわりを、フェンスで囲ってあります。
シャンティ母さんはいつでも裏庭に出られるようになってます。

シャンティ母さんのオナラが激臭のため、窓に簡易換気扇を取り付けました。


昔、イー・コンセプションのオフィスに設置していた防犯カメラを改造して、モニターカメラを取り付けました。

P1070157_monitor.jpg

移動式なので、私たちがいる部屋どこにでも連れていって、子犬の様子をチェックしています。

子犬たちの散らばり加減から適温かどうか判断できます。

また、モニター画面でシャンティ母さんが授乳しはじめるのが分かるので、そうなったら速攻で現場に急行し、乳婆として子犬たちをサポートします。


そんななか、ちょっとかわいそうなのが、イクメン・タンク父さん。

彼は子犬の面倒をよくみる、いいお父さんだと聞いていますが、今はまだちょっと早いみたい。

授乳中にタンクが近づくと、シャンティのほうが警戒して授乳を中断してしまうのです。
なので、子育て部屋は男子禁制、母子専用となっております。

でも、タンクはシャンティと一緒にいたくて、子育て部屋のドア前でクーンクーンと鳴いて待っていたり、フェンスを飛び越えちゃったりするのです。

P1070146_tank.jpg

ごめんね、もうちょっとしたら家族みんなで水入らずできるからね。


もうひとつ!
「こんなにいっぱい生まれちゃって、この子たちはしあわせになれるの?」というご心配の声もいただいていますので、この場お借りして。

オーストラリアは動物愛護の意識が高く、繁殖にもさまざまなルールがあり、厳しく管理されています。
なので、子犬を迎えること自体が、かなり難しいのです。(特に、純血)

私たちはフェイスブック・ページにたまに投稿しているだけですが、既にウェイティング・リストに登録している飼い主さん候補は30名を超えています。

子犬は7匹しかいませんので、このなかからビーグル犬とハッピーにやっていけそうな、ライフスタイルの合致しそうなファミリーを、ブリーダー側が選んでいくことになります。

全員しあわせになってもらいますので、ご安心ください♪


JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 13:52 | comments(0) | - |