Search
Calendar
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< September 2016 >>
おすすめサイト紹介
アロマ&クレイ E-Conception
おすすめツイッター
福島麻紀子のツイッター
イーコン・スタッフのツイッター
おやすみ猫のつぶやき
Recommend
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー
大地のエネルギーで癒す クレイセラピー (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子,ICA国際クレイセラピー協会
私の3冊目の書籍です。クレイセラピーの基本から使い方まで詳しくわかる1冊。クレイ内服が気になる方は要チェック!
Recommend
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり!
赤ちゃんからのナチュラルケア―自然素材とアロマで手づくり! (JUGEMレビュー »)
福島 麻紀子
双子の娘たちと過ごした日常から生まれた、安全で使えるレシピをまとめた本です。
Recommend
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に
カラリングコスメを手作りしよう!―カラフルなメイクアップ化粧品をキッチンで自由自在に (JUGEMレビュー »)
国際美容連盟,福島 麻紀子
市販の化粧品がお肌に合わない方へ。自然素材を使って、ファンデや口紅など、メイクアップ化粧品が簡単に作れちゃうんですよ!
New Entries
Recent Comment
Category
Archives
Profile
Links
mobile
qrcode
RSSATOM 無料ブログ作成サービス JUGEM
子犬育て記:ブリーダー生活を終えて…
《子犬全員集合!》
P1080503_allpuppies.jpg

ビーグル犬のブリーダー生活、8週間があっという間に過ぎ去りました。

今日、6匹のうち3匹が、新しいファミリーのメンバーとして迎えられ、巣立っていきました。
今週末にはすべての子が巣立ちます。

生まれたときは、おかあさんのおっぱいを探すことさえ、おぼつかなかった子犬たちが日々見る見る成長していく姿、そして、子犬たちを育てる賢いシャンティ母さんの姿に自分のお産・育児体験を重ね合わせていました。

双子だったので大変すぎて、愛情感じたり、楽しんだりする余裕がなかった自分のお産&育児。

母としての劣等感や罪悪感を次第に解放してきましたが、今回、シャンティ母さんのお産&育児をお手伝いしながら、
「まだここにもあったか〜〜」と、過去の遺物を見つけて手放す機会がたくさんありました。

もちろん子犬はめっちゃかわいいのですが、私にとっては子犬のかわいさよりも、シャンティのナチュラルな育児方針(そんなん、あるんか?!)に癒される思いがしたものです。

子犬の面倒はちゃんと見るんだけど、マイ・タイムも大切にしていたり (それも罪悪感なしで堂々とね)、
行き過ぎたけんかの制裁をしにいったり (適度な加減で叱り、そのあとに落ち込んだりしないのです)、
成長の様子を見ながら適したタイミングで教えるべきことを教えていたり。

とにかく母としての自信が、、、おみごと。
私もこれくらい自信があったらなあ。

乳歯が生え始めて離乳食がはじまると、お乳の量が減ってくるのですが、
そうするとシャンティ母さんも離乳食の教育をはじめるのです。

《シャンティ母さん、チキンの骨を子犬に与える》
P1080259_bone.jpg

私たちがシャンティにあげた骨を、子犬たちのところに持っていって
(あの食いしん坊のシャンティが、自分で食べずに!)
舐めさせて味を覚えさせたり、砕いて試食させたり、
あるいは地面に穴を掘って、そこに食料を保存して発酵(?)させるという「お料理レシピ」まで教えるのですよ。


シャンティ母さん、本当に偉大です。尊敬しています。

おかげで子犬たちは元気いっぱい、ハッピーに育っていきました。
心身ともに満たされている、ピースフルな子たちです。

タンク父さんは最後まで子犬にビビってましたけど(^^;)。

《タンク父さんと綱引きする子犬たち》
P1080238_tank.jpg

あ、それと「シャンティ母さんは、わが子が突然いなくなっちゃって寂しくないのか?」という心配もありましたが、ぜんぜん大丈夫でした。

お乳がほとんど出なくなった7週目くらいからは、もう「母」としてではなく、「友だち」として遊んでいる感じ。
夜はタンクと夫婦の寝室で寝てたし、昼間もほとんどの時間は子犬が入れないところで、グーグー寝てました。


 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。

ブリーダーとしての仕事は本当にいっぱいあって、肉体的に忙しいばかりでなく、かなり頭を使います。

ラースと一緒に創意工夫しながら、急成長していく子犬たちにベストな対応をしていくのは、まるでパズルを解くようで知的にも刺激的でした。

1日で1ヶ月分くらい(大げさだけど)成長するので、毎日違う課題が出てくるんですね。
あらゆる知識とスキルとアイデアをフル活用です。

忙しかったり、大変だったりするのはいいんだけど、8週間も育てたら自分の孫のようになって、手放すときがツライんじゃないかと、それだけが気になってました。

あと2週間、あと1週間と、受け渡しの日が近づくにつれて、「私、どれほど落ち込むかな」とちょっと心配で、同時に楽しみでした(^^;)。

いよいよ子犬たちが引き取られていくとき。
予想に反して、私の気持ちはずいぶん違いました。

さみしいというより、、、うれしかった♪

たしかに、難産で生まれてきた冒険好きのブルータスを手放すときは、ちょっと寂しかったけど。いちばん手がかかった子だからね、

《ブルータスをバックパックにしのばせて、お散歩》
P1080275_)maki_brutus.jpg

 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。

引き取り先のファミリーさんたちは、子犬がまだ生まれて2週間も経っていないときから、実際に子犬を見に来てくれて、「この子が欲しい」と「予約」していた近所の人たちです。

前回のシャンティの流産前から、ウェイティング・リストで待っていてくれた人もいるくらいで、本当に首を長くして子犬が家族に仲間入りする日を待ち望んでいたんですね。

ビーグル犬にはビーグル犬の特徴があって、オーナー・ファミリーとの生活スタイルや環境、期待が合致しないと、不幸を招いてしまうこともありえます。

なので、子犬を希望する人たちにはそのファミリーの生活スタイルや環境を確認しながら、「どうしてビーグルなの?」という質問をして、「この人なら大丈夫」というファミリーを(僭越ですが)こちらで選ばせてもらいました。

そして、ビーグル犬の特徴、注意事項、準備すべきことを前もって説明してきましたし、8週間のうちに何度でも好きなだけ子犬を訪問してね、と奨励しました。(みんな2〜3回は見に来てくれました。)

Lillepote(リレポーテ)のフェイスブックページにも、ちょくちょく子犬たちの成長の様子を投稿してきましたが、オーナー・ファミリーさんたちはとても熱心にフォローしているようでした。

やりとりのメッセージ、メールも30往復を超えるほどになっていて、赤ちゃんのときから共に子育て&親育てしてきたような感覚です。

受け渡しの日、受け入れ準備万端のファミリーさんたちが「いよいよウチの子を迎えにいける!」と、ワクワクしてやってきます。大人も子供も目をキラキラ輝かせて。

ウチの子たちはとても人なつこい落ち着いた性格だから、抱っこされたらすぐになついてペロペロ顔を舐めたり、ヘソ天でおなか見せたりするんです。

そうすると、ファミリーさんたちの顔がね、ふにゃっとほころんで、幸せでいっぱいになるのですよ。

その幸せ波動にね、うれしくて、うれしくて、涙が出てくるんです。

自分が一生懸命&楽しんでやってきたことで、誰かが幸せになるのって、サイコーじゃないですか?!

小さな小さな世界かもしれないけど、目の前の世界が確実に幸せになる。

「自分、いい仕事したね!」っていう満足感もあるかな。
(功績のほとんどは、シャンティ母さんにあるのですが…)

ブリーダーになって、ほんとうによかった、と思いました。

《ブリーダー・福島です》
P1080419_puppies.jpg

 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。

これから、もうすこし時間が経って、「あれ?子犬いない・・・」と、思い出したように、ふと寂しくなるときが来るのかもしれません。

それも、地球上での感情の体験であり、魂のごちそうですから、味わっていこうと思います。
どんな感情もウェルカム!

幸い、シャンティもタンクも元気なので、また来年、かわいい子犬が誕生することと思います。
今度は、やり方もコツもわかっているので、もっと余裕をもって育てられるでしょう。

アカネ、タンポポ、ブルータス、フジ、ダイダイ、ワサビ。
そして、残念ながら命をつなぐことができなかったけど、ホワイティ、ニンジャ。

8つのいとおしい命に、感謝。

読者のみなさんとネットを通してシェアさせてもらったことにも、大きな感謝です。

ありがとうございました!

《撮影困難だった家族写真》
P1080424_puppies.jpg
P1080242_KL.jpg

さて、そろそろ11月の来日準備に取り掛からないとね。
セミナーにコンサート&ワークショップと、いろいろ企画中です。。。



JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 17:36 | comments(0) | - |
ピアノ・ディプロマ試験を終えて…
9月9日、先週の金曜日、わたしのピアノのディプロマ試験が行われました。

E-Conception代表の私が、なんでこんなことやってるか?っていうと…

前号メルマガで、ヨーコさんがまとめてくれた経緯が秀逸で、分かりやすかったと思います。

↓こちらに引用します。

************

これまでの流れをざっくり説明しますと…

5年前に乳がんを経験してから、自分優先・わがまま人生にシフトした福島。

遠い昔に一度は諦めたピアノを本格的に再開し、その2年後には
かねてからの目標だった、Amusというディプロマ試験に合格しました。

その後も練習を重ね、ステージ経験を増やし、ついに今回、さらに上位の
Lmus(Licentiate in Music)に挑むというわけです。
プロとしての演奏家にふさわしい権威あるグレードです。

************

ヨーコさん、説明ありがとう♪

まあ、権威があるかどうかは分かりませんが、要するに
「この演奏にお金払いたいかどうか」というレベルの、パフォーマンス(演奏)能力についての試験ですね。

このディプロマ(学位)は、音大卒業にあたるものと理解していましたが、
実際には音大卒業していてもLmusまで取得している人は、あまりいないことに最近気づきました。
音大卒業生がみんな演奏家になるわけじゃないってことでしょう。

(あとで知ったのですが、PhD=博士号 にあたる学位なんだそうです。びっくり)

気楽に考えていたけど、相当ハイレベルみたい・・・(焦)

もともとお世話になっていたピアノの先生が「ディプロマレベルだと、私には指導できない」と、別の先生を紹介してくれたのは、そういうわけだったのか。。

その紹介された別の先生はまだ若い女性なのですが、ピアノ・デュオを組んで、アメリカやヨーロッパなどに演奏旅行に出かけている現役パフォーマー。
弟子入りするために、オーディションを受けなきゃいけないという、ハードルの高さにビビッたものの、無事オーディション合格したのが去年の4月頃だったでしょうか。

彼女の演奏会にも何度か行きましたが、超絶なテクニックと、観客を揺さぶるサディスティックな演奏。
たしかに「すごい」のですが、なぜだかハートに響いてこないのが、なんとなく気になってました。

その先生からは、主にロシアン・テクニックを教わりました。
こういう弾き方をすると、こういう音になる、というような。いや逆か。
こういう表現を出したいときは、こういう弾き方をすると効果的、というか。

それはそれで大変有用だったのですが、私の根本的な課題はもっと精神的なことだったんです。

高校時代に音大行きを断念しているので、ピアノに対する挫折感、劣等感が強く、自信がないから人前に出ると極端に緊張して、ほんとうに逃げ出してしまいたいくらい緊張して、ボロボロになるのです(^^;)。
(そのくせ、演奏したあとはハッピーエネルギーに満たされるので、また演奏したくなる)

「パフォーマンスに慣れるためには、パフォーマンスを重ねること」

と言われて、コンクールとか、コンサートとかにも出たりしました。

だんだん、あがり加減は落ち着いてきたけど、やっぱり人前に出ると、自分ひとりで弾くようには弾けないのです。
これは先生から習えることではないのだろう、と思ってました。

去年のクリスマスから夏休みにかけて、その先生はヨーロッパ遠征に出かけてしまったので、年明けから音楽学校の夏休みキャンプに参加しました。
ミュージシャンシップに磨きをかける目的だったのですが、そのとき、ピアノのマスターコースで出会ったのが、今のピアノの先生、マークです。

彼に初めて会ったときは目を疑い、「本当にあなたがピアノの先生??」って、つい聞いちゃいました。

チビ・デブ・ハゲのおっちゃん。
クラシックの高貴な雰囲気はまるでなく、下町の和菓子屋さんか、落語家かって感じ。

くりくりした大きな目がまるで少年のようなのに、
おなかがでっぷり出ていて、ピアノの前に座ると、おなかがピアノにくっつきそう。
あのおなかで、ちゃんと演奏できるんかいな?(^^;)。

↓《マークのCD》・・・若いときは、こんなだったのですね(^^;)。
P1080038_markcd.jpg

ところが、、、人は見かけによりません。この先生はすごかった。
いや、すごいというか、私にぴったりの先生だったのです。

音楽に対する造詣と洞察の深さはもちろんのこと、パフォーマンスのコツを裏も表も知り尽くしているし、それを言葉にしたり、ときには模範演奏を聴かせては、私にも分かるように表現してくれます。
単なる表面的なテクニックではなく、内側から出てくるものを音楽として表現し、コントロールできるよう、指導してくれました。

そして、なにより、私の精神的な課題を把握して、潜在意識的、スピリチュアルな面からもサポートしてくれた、唯一の先生といえます。

ブリスベン出身のマークは、地元の公立高校から地元の音大に進んで、ピアノ科を卒業すると奨学生としてロンドンに留学。
以来イギリスでピアニストとして活躍するのですが、一時は演奏活動から離れてヨガのアシュラムに住み込んで修行をします。
その後、心理療法士になる勉強をして、心理カウンセラーとしても活動していたそうです。
音楽の世界に戻ってきてからは、演奏活動のかたわら、オックスフォード大学で音楽の教鞭をとっていました。
そして、4年ほど前に故郷ブリスベンに戻ってきました。

そういう経歴をもつ人なので、精神的な面でのサポートについては得意分野なのですね。

イギリスにいた頃、国際的なピアニスト内田光子さんと懇意になったそうで、日本人特有のメンタリティやカルチャーについてもよくご存知でした。

自己表現しようとすると、「出る杭打たれる」から、「ふつう」でいようとするカルチャーとか。
テクニックや正確性や完璧さばかりが評価されがちで、音楽の本質である音楽性への理解、感性が重視されない音楽教育とか。

「これはミツコが言っていたことだけど、彼女がもしずっと日本にいたら、あんな(すばらしい)ピアニストにはなれなかっただろうって。」

おっしゃる意味、よく分かります(^^;)。

そのうえで、音楽をこころから楽しむことを教えてくれました。

「音楽性というものは、自分の内面から湧いてくるものだから、人に教えられることじゃないんだよ。
 でも、あなたにはその素養がある。
 ひとつヒントをあげると、すぐに自分なりに咀嚼して自分のものにして演奏に取り入れるでしょ。」

と、励ましてくれました。

その他、マーク語録として印象に残っているのは、、、

 「指だけでテクニカルに弾くな、感性で音楽的に弾け」
 「どう表現できるか工夫して実験せよ」
 「ひとつの理想的な演奏を目指すのではなく、いくつものさまざまな表現の可能性を見い出せ」
 「人のためにする演奏は仕事だ。演奏者のエゴは外して、音楽そのものを伝えろ」


ピアノのレッスンというよりも、心理カウンセリングを受けているような場面も多かったです。
いつも核心をつく質問をしてくるので、潜在意識の奥深くまで「魂の答え」を探しにいかなきゃいけないんです。
そうこうしているうちに、涙があふれてきたことも何度かありました。

そういう時間をともに過ごすと、魂の理解者を得たようで、友人として親近感を抱くようになります。
彼は単に仕事をしているだけなのでしょうけど、私にとっては癒しのパートナーのようになっていきました。

だから正直なところ、マークがゲイだと知ったとき、ほっとしたものです(^^;)。


さて、それでは、なぜディプロマ試験なのか?です。

日本ではヤマハのグレード試験なんかが一般的なようですが、オーストラリアにはAMEBという音楽のグレード試験を行う機関があって、ここが市場を寡占している状態です。
イギリスのトリニティ・カレッジや、ニュージーランドのANZCAなどを受ける人もいますが、AMEBが圧倒的に強いといえましょう。

このAMEBのやり方に疑問を持った音楽家&音楽教育家のマシュー・タイソン氏が42年前にタスマニアで立ち上げた音楽学校で、試験部門を併設し、全国&国際的に展開しているのが St Cecilia (セント・シシリア)です。

http://st-cecilia.com.au/


知名度はまだ低いですが、音楽の本質を大切にする教育をしていて、そのコンセプトに賛同した優秀なミュージシャンが集まってくるので、学校も試験機関も急成長を続けています。
試験機関のほうは、オーストラリア国内だけではなく、アジア各国やインド、ヨーロッパまで広がっています。

私が St Cecilia を知ったのは、最初のピアノの先生(カレンのピアノの先生でもある)クリスティーナからで、彼女は「St Ceciliaは評価基準が明確で、私の感性にも一致する」ということで、よく利用していました。

ふつうは試験というと、指定された試験会場に向かい、はじめて入る部屋で、はじめて触るピアノを弾かされ、試験官以外は部屋に入れず、とてもストレスのかかった不自然な状態で演奏しなければなりません。
そして、試験官は怖い顔して座っていて、ミスやダメなところを減点する方式で、採点します。

あまりにも怖くて緊張しすぎて、ふだんはやらない大きなミスをしてしまったために、試験に落ちてしまう場合もあります。
その恐怖体験から、もう二度と音楽はやらない!と、やめてしまう子もいるくらいです。

これじゃあ実力ではないですし、肝っ玉の評価であって、「音楽」の評価ではないんですよね。

そこで、St Cecilia のディレクターであるマシューは、演奏者にとってできるだけ心地のよい環境づくりを用意してあげて、「音楽」の楽しさをそのまま体感できる試験制度をつくろう、と考えたんだと思います。

たとえば、課題曲の選択も相談に乗るし、プログラムに自作の曲を入れてもいい。
生徒が10人集まれば、先生宅に試験官が来てくれるので、弾きなれたピアノで受験できるのもメリットです。

そして、試験官がみんないい人。やさしくてポジティブで、はじまる前はリラックスさせてくれ、終わったあとは励ましてくれます。
ミスから減点するのではなく、音楽性やクリエイティビティ、パフォーマンスを評価してくれます。

本人が望めば、オーディエンスを招いて、コンサート・スタイルの試験にすることもできます。
(というか、そっちのほうがホンモノのパフォーマンスなので、St Cecilia が奨励しているのです。)

ちょっとした疑問にもメールを出すと、すぐにディレクター自らが返信してくれるのも、信頼が置けるところ。

私が3年前に受けた試験も、St Cecilia でしたし、カレン、リサも St Cecilia の試験で育ってきました。

もっとも私はディプロマなんて学位は必要ないですし、音楽やるのにモチベーションも要らないので、試験を受ける必要なんかないのですけど、
せっかくここまでやってきたので、ひとつの区切りとして、自己満足でいいから、リサイタルを兼ねて試験を受けてみようと思ったわけです。

密室で行われる、単なる試験ならやりません。リサイタルで「演奏する」のが目的ですから。
結果はどうあれ、その価値のわかる人(少なくとも試験官)に楽しんでもらえたら、って思ってました。

もちろん、自分のお気に入りのピアノで、自分たちで改装した自宅の音楽スタジオで。
そして、1曲はオリジナル曲を入れて、規定の40〜45分の演奏プログラムを組みました。

P1070883_stcecilia.jpg

ブリスベン地区を担当する試験官さんは二人知っていますが、今回はディレクターのマシューに立ち会ってもらいたくて、図々しくも試験官をこちらから指名!
そしたら、ちゃんとリクエストに応えてくれて、タスマニアから遠路はるばる、我が家までマシューが来てくれたんですよ(^^;)。

そして、オーディエンスも超豪華★
1ヶ月ほど前に、リハーサルを行ったとき、近所の友人にお願いしてオーディエンス役になってもらいました。
そしたら、そのときの参加者が「すごいよかったから」と、友だちや家族に宣伝してくれて、本番の試験リサイタルには、なんと16人ものオーディエンスが集まってくれました。
オーディエンスのなかには、初めてお会いする人たちも半分くらいいましたし、クラシックなんてふだん聴かない人たちもいました。

さて、本番の試験リサイタル。ジョーク交じりの楽しい紹介スピーチで、ラースが幕を開けます。
そして、試験官のマシューが、St Cecilia の考え方を説明してくれました。

いよいよ、私の演奏です。

P1070885_stcecilia.jpg

スカルラッティ、モーツァルトまではけっこう緊張していましたが(心臓がドキドキいってました)、ほぼ予定どおりの出来。ショパン、ラフマニノフになると、緊張もあるものの、心がリラックスして音の波動を楽しみながら弾いてました。
全開したグランドピアノの翼から、音がキラキラ光になって飛んでいくような感覚でした。

大好きな「ラーク(ひばり)」もその世界に浸りきって乗りに乗っていたのですが、途中、突然真っ白になってしまい、即興でごまかす、というハプニングもありました。

最後は、私のオリジナル「ソウル・ヒーリング」。
私の乳がん体験から感情解放のプロセスと、魂の癒しを表現した曲なので、放っておいても入魂してしまいます。

すべて弾きおわると、拍手の嵐。
小さなスタジオが、ひとつになっていました。
オーディエンスのみんなの心がつながって、一緒になって感動しているのを、ハートでキャッチしました。

なかなか鳴り止まない拍手に「すみません、今日はアンコール、ないんです(笑)」と、叫ばなきゃならなかったほどでした。

この瞬間、私の中の何かがシフトしたんですよね。
なにかが。。。

その後、他の子たちの試験が待ち受けていたので、オーディエンスのみなさんには早々に帰ってもらわなければならなかったのですが、
帰り際に涙浮かべてハグしてくれたり、鳥肌が立った〜とか、お花や光が見えたとか、感動した〜、とか、簡潔に感想を聞かせてくれました。

のちに電話やメールで、感想を聞かせてくれた人たちも。
「あなたの演奏とともに、異次元にトランスポートしてしまった」とか「魔法の呪文にかけられたように、とりつかれた」とか「ピアノを弾いているときも、弾いていないときもビューティフル」とか。

音楽のパワーを改めて思い知らされたような気がします。

 音楽とは、、、ひとびとの心に住む神さまに捧げるもの。そして、ひとつになって神聖な宇宙につながるもの。

そんな答えが自分のなかから湧いてきました。

私は特定の宗教も神様も信じていませんが、「神的なもの」の存在を確実に感じました。

 神さまが喜んでいる。
 その喜びに、包まれ、満たされている。
 これが宇宙。これが愛。


ところで、私のピアノの先生、マークも試験リサイタルに同席してくれたのですが、試験が終わったあと、
試験官のマシューと、マークが意気投合してしまって、音楽談義でめっちゃ盛り上がってました。

お互いのことは知らなかったのですが、共通の友人知人(もちろん音楽がらみ)がたくさんいるようで、
音楽的な価値観がすごく似ていたようです。
(オーストラリアの試験制度や音大の教育方針への疑問など)

マークはそもそも試験が大っきらいで、生徒には試験なんか絶対受けさせない主義の先生なのに、私が頑固だから、試験準備を手伝ってくれたわけなんですね。

そのマークが、敵対するはずの「試験官」マシューと意気投合するっていうのは、ちょっと「ありえない展開」だったので、ちょっとした驚きとともに、心が温かくなる思いをしました。

私がピンと来る人を呼び寄せたんだから、波動が合うのも当たり前っていえば当たり前なのかもしれないけど。


試験の結果は、1週間くらいで正式な文書が届くそうですが、まあ、「合格」間違いないでしょう(^^;)。

試験官のマシューがめっちゃ感動して、褒めちぎってましたから。
あんだけ褒めておいて、不合格だったら、グレるぞ(^^;)。

《後日談》
→結果は 「Pass with Honours」でした。
 「敬意をもって、合格」みたいな?
 そんなカテゴリーがあるとは知らなかったので、びっくりでした。
 レポートには褒め言葉しか書いてませんでした(^^;)。


ま、結果はどっちでもいいのですけどね。
宇宙につながる、一期一会の体験をさせてもらったわけですから。


さあ、この体験をどうやってこれからの人生に生かしていくことになるのでしょうか?

とりあえず、これからやりたいこと。

・シューマン ピアノ協奏曲
・ラフマニノフのプレリュード
・チェロとフルートのデュエット
・ピアノ連弾
・作曲
・ピアノ弾き語り
・バッキング(伴奏ファイル)のアレンジ
・合唱
・おうちコンサート


しかし、あと2週間は最優先して、めいっぱい楽しみたいことがあるのでした。

答えは、、、 子犬育て!!

毎日忙しくて、ブログ記事「子犬育て記」の更新がままなりませんが、子犬たちが巣立ったら、まとめて書いてみたくなるだろうと思います。

残り少ないブリーダー生活を楽しみます!


JUGEMテーマ:ピアノ♪



posted by: 福島麻紀子 | ピアノ | 13:33 | comments(0) | - |
E-Conceptionのメルマガ 【第387号】
=====================================2016/9/8 発行===
E-Conceptionのメルマガ 【第387号】

     ◆◆おやすみ猫な、お気楽アロマ・マガジン◆◆
=================================================
──────── 目 次 ────────────
 E-Conceptionから、わくわく情報
  【今月のプレゼント】クールジェル
  ミネラルジェル活用法
  新商品★ジルおばさんのアロマストーン
  アロマストーン・プレゼント企画
  マレーリバーソルト
 広報部長ヨーコの┃あ┃と┃が┃き┃
─────────────────────────
こんにちは、E-Conceptionの広報部長、ヨーコです。

福島がブリーダーデビューをしてから、早1ヶ月が経ちました。
もうすっかり落ち着いた頃かと思いきや、今度はピアノの試験だそうな。( ̄ー ̄;)

新しいイーコンファンの方のために、これまでの流れをざっくり説明しますと…

5年前に乳がんを経験してから、自分優先・わがまま人生にシフトした福島。

遠い昔に一度は諦めたピアノを本格的に再開し、その2年後には
かねてからの目標だった、Amusというディプロマ試験に合格しました。

その後も練習を重ね、ステージ経験を増やし、ついに今回、さらに上位の
Lmus(Licentiate in Music)に挑むというわけです。
プロとしての演奏家にふさわしい権威あるグレードです。

そんなに大きな試験ですから、プレッシャーも半端じゃないんだろうな〜、
と勝手に心配したりするのですが、子犬に囲まれて、毎日のほほ〜んと
しているところを見ると、周りの憂心は全く無駄なことが分かります。笑

さあ、このグレード試験、いよいよ明日行われます!

気になる結果は、福島のブログにて発表してもらいましょう♪

----------- ▼ 9月の休業日のお知らせ ▼ ----------------

※9月22日(木)「秋分の日」は、おやすみさせていただきます。
 (9月19日(月)「敬老の日」は、営業いたします。)

 おやすみ中もお買い物カゴでご注文していただけますが、
 メール対応や商品発送はおやすみ明けとなりますことをご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■E-Conceptionから、わくわくお知らせです!
───────────────────────────
【今月のプレゼント】クールジェル
───────────────────────────
クールジェル
先月に引き続き、9月も、1万円以上ご注文いただいた方に、
もれなくプレゼントいたします。

天然由来成分100%なので、お子さまにも安心して、
お使いいただけます。
(※妊娠中のご利用にはご注意ください。)

フェイスからボディまで全身にどうぞ♪

厳しい残暑も、クールジェルのひんやりしたつけ心地と、
ふんわり広がる癒しの香りで、涼しげに乗り越えられそう。
……………………………………………………………………………………
☆今月のプレゼント、特売、キャンペーン、
 お買い得情報などは、【今月のスペシャル】でご確認ください。

───────────────────────────
ミネラルジェル活用法
───────────────────────────
ミネラルジェル
今月のプレゼント「クールジェル」にも利用されているミネラルジェル。

原料は、スメクタイト(クレイの一種)に似た「ケイ酸」で、
特に水分吸収力に優れています。

【クレイジェル】
クレイが原料というだけあって、クレイとの相性が抜群です。

ミネラルジェルに同量のクレイを加えるだけで
クレイジェルのできあがり♪

虫さされ、やけど、擦り傷などにどうぞ。
しっかりフタをして製造保存すれば、1週間ほど作り置きできます。

香りを足したい方は、「クレイセラピーのためのアロマオイル」を
ミネラルジェル10gに対し5滴の割合で加えてください。

クレイセラピーのためのアロマオイル
『クレイセラピーのためのアロマオイル』単品での販売開始しました。

【アロマジェル】
ミネラルジェルは、精油浸透効率が高いので、精油を加えると
とても効果的に作用します。

目的別に開発されたマッサージ用アロマブレンドを混ぜ込むだけで、
簡単にアロマジェルを作ることができます。

<咳どめジェル>
ミネラルジェル10g、ブレスイージー2〜5滴

<肩こり用ジェル>
ミネラルジェル10g、ペインリリーフ2〜5滴

※妊娠中の方は、いずれのブレンドも精油濃度1%未満にして
 部分的にご利用ください。

『マッサージ用アロマブレンド』はこちら

『ミネラルジェル』はこちら

───────────────────────────
新商品★ジルおばさんのアロマストーン
───────────────────────────
ジルおばさんのアロマストーン
ジルおばさんは、76歳現役レーサー兼4人の孫を持つ
優しいおばあちゃん。
趣味が多く、どれもトコトン凝ってしまうところが、いつまでも
若々しい秘訣のようです。

庭には旦那さん手作りの窯があり、陶芸歴は50年近くになります。

そんなジルおばさんの手作り素焼きアロマストーンの登場です!

今回ご紹介するのは、コアラ ・ リーフ ・ ワトルの3種類。

アロマストーンのくぼみに、お気に入りのアロマオイルを2、3滴
直接垂らしてお使いください。

E-Conceptionのピュア精油芳香浴用精油ブレンド
及び「クレイセラピーのためのアロマオイル」をご利用いただけます。)

 ・お出かけの際バッグにしのばせて。
 ・車の中やトイレなどにインテリアとして。
 ・リビングの窓際や玄関に置けば、そよ風が香りを運んでくれます。
 ・ウッディー系アロマをタンスの引き出しに入れて、防虫対策に。
 ・リラックス系アロマを枕の下に置いて、心地良い眠りを。

ジルおばさんの優しさあふれるアロマストーンで、
アロマをより身近に楽しんでください♪

『ジルおばさんのアロマストーン』はこちら

───────────────────────────
アロマストーン・プレゼント企画
───────────────────────────
アロマストーン・プレゼント
<その1>
クレイセラピーのためのアロマオイルを
「セット」でご購入の方に、アロマストーン1つプレゼント。

『クレイセラピーのためのアロマオイル』セットはこちら

<その2>
芳香浴用アロマブレンド3本以上ご購入で、
アロマストーン1つプレゼント。
(※クリアブレインは2本セットで1本とします)

『芳香浴用アロマブレンド』はこちら

───────────────────────────
マレーリバーソルト
───────────────────────────
マレーリバーソルト
食欲の秋にピッタリな、イーコンスタッフお勧めの「お塩」の紹介です。

一見、普通のお塩なのですが、お料理の仕上げにほんのすこし
振りかけるだけで、高級レストランの味が楽しめます。

ミユキがハマっているのは、サーモンを焼くときに、
マレーリバーソルトをパラパラと振りかけるやり方。

さまざまなミネラルが豊富に含まれるので、たったこれだけなのに
味に深みが出ます。

『マレーリバーソルト』はこちら

----------------------------○
 ┃あ┃と┃が┃き┃

福島の「コンサートピアニストとして活躍する」という夢が、着々と
現実になっている様子を目のあたりにすると、
やっぱり「自分が未来を創造している」と認めざるを得ません。

乳がん治療中の小林麻央さんも、「なりたい自分になる」と
決めて、最近ブログを始められました。

やっぱり行き着くところはそこなんですね。

よし、それじゃ私もまずは自分を知ることから始めてみよう!
見渡せば、イーコンには、自己探索&癒しのツールがいっぱい
ありました〜☆

というわけで久々に、「分析心理テスト」bをやってみました!

15の質問に答えるだけで、今のあなたの魂、心、体が必要と
している香りが分かるというもの。

今のあなたのベスト精油が3つと、今のあなたが必要としない精油が1つ。
…あれ?
いつも好きな香りが「必要としない」方に選ばれちゃってるぞ?

「変だな〜、この心理テストは当てにならないのか〜?」
と不安に思い、20本のスピリチュアルアロマを全部嗅いでみたところ、
テストで選ばれた必要な香り3本のうち2本が、とっても心地よく感じた香りで、
テストで選ばれた必要としない香りは、ズバリ一番不快に思った香りでした。

そのときの心理状態によって、好きな香りって変わるんですね。
そして、それをいとも簡単に見破った「分析心理テスト」、恐るべし!

さっそく心地よい香り3本と不快な香り1本で、マイブレンドを作りました。
スピリチュアルアロマは、すでに適度な濃度に希釈されているので、
アロマの知識がなくても、それぞれ同じ量を加えて混ぜるだけでOKなのです。

そして、このマイブレンドがまた、めちゃくちゃいい香りなんです。
癒されるぅ〜!

香りをかいでいるだけで、もうすでに、
なりたい自分に一歩近づけた気分☆

テストは簡単にできますので、
皆さんもぜひ占い感覚でやってみてくださいネ♪


---------------------

E-Conceptionのフェイスブック

E-Conceptionのツイッター

E-Conceptionのインスタグラム

E-ConceptionのLINE@(ラインアット)

福島麻紀子の個人ブログ


------------- * メルマガ発行者 * -------------------

 ◆イー・コンセプション E-Conception
  アロマ&ナチュラルライフ提案サイト
  通信販売サイト
   
 ◆International Natural Therapy Accosiation (INTA)
  国際ナチュラルセラピー協会 公式サイト
 
 ◆FeelFree コトコのスピリチュアル・ワールド
  
-------------------------------------------------------
お友だちにこのメルマガをご紹介ください!
※配信停止手続きも、 ↑こちらのページから出来ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2016 E-Conception & INTA
posted by: 福島麻紀子 | 最新メルマガ | 14:03 | comments(0) | - |
子犬育て記(2週間め)
こんにちは! 
2週間のお誕生日を迎えた、乳飲み隊です(^^;)。


P1070270_oppai.jpg

チビ助のダイダイもお兄ちゃんたちにキャッチアップして、お乳争奪戦でも健闘するようになってきました。

どの子もお乳を探すのも飲むのも上手になってきたので、もう乳婆が神経使ってサポートしなくても大丈夫だね、と話してました。

順調に育ってきた子犬たち。
ところが、2週間のお誕生日を目前にして、ショックな事件がありました。

《ニンジャ・ショック》

13日目の朝、乳婆がいつものように子犬たちの体重測定をしようと、長男ニンジャを抱き上げたら・・・

 冷たい!!

 動かない!!!

 まさか、死んじゃったの? ニンジャ、死んでるの?!


子犬が命を落とすのは、ふつう産まれて10日以内と聞いていたので、ここまで大きくなった子が、しかもゆうべまで元気だったニンジャが、朝起きたら死んでるなんて、ほんとうに驚き、ショックでした。体重だって、ちゃんと増えてたんですよ・・・。

冷たいニンジャの体を抱いて、シャンティに気づかれないように授乳室から連れ出そうとするとき、思わず涙があふれてしまいました。

そういえば、ゆうべは目覚めるたびにチェックするモニターカメラに、いつもシャンティ母さんが写っていたんですよね。
ふだんは授乳するときだけ、子犬箱のなかに入るのに。箱の真ん中にいた。

シャンティ母さん、朝までニンジャの死体を抱いて暖めていたようです。

夜のあいだに何が起きたのかは分かりません。
(モニターカメラもずっと録画していたのですが、「もう大丈夫だよね」ってことで、ちょうど録画をやめたところだったんです・・・)

考えられる可能性としては、シャンティ母さんによる圧死か、心臓発作か。

でも、圧死はまず、ありえないはずなんです。
ラースが研究して自作した子犬箱は、内側周囲に手すりのような板が取り付けられていて、シャンティ母さんによる誤圧殺を防ぐつくりになっているんです。
それに、壁とシャンティ母さんの間で圧迫されたとしたら、死体は壁近くで見つかるはず。
だけど、ニンジャは子犬箱の真ん中で眠っていました。

心臓発作は考えられないことはないけど、生後VET(動物のお医者さん)にチェックしてもらったときは、「強い心臓してるね」って褒められてたんですよ、ニンジャくん。

原因は証拠不足で分からないし、どんなに悲しんでも悔やんでも、ニンジャは戻ってきません。
残された6匹の子犬たち、そしてシャンティ&タンクの世話を続けなくては。

庭にお墓をつくって埋めたりしたら、シャンティが探し出してしまうので、死体はVET(動物のお医者さん)に引き取ってもらいました。

そして、いつもと同じ乳婆の日々が続くわけですが、この日はぼーっと、ニンジャのことばっかり考えてました。

兄弟姉妹思いのやさしい長男、ニンジャくん。
短い間だったけど、あなたの命をシェアさせてもらって、ありがとう。
どうぞ安らかに・・・

P1070193_Ninja.jpg


《子犬箱、アップグレード》


子犬たちが飲むお乳の量が増えるにつれて、排泄物の量も増えてきて、シャンティ母さんによる処理だけでは追いつかなくなってきました。

そこで、子犬箱におがくずを入れてみることに。デンマークの農家出身ラースちゃんによると、おしっこで濡れても表面は乾きやすいので、子豚を育てるときに重宝なんだそうです。

おがくず入れてみたら、子犬たちがキャッキャと喜んで遊びはじめました。
いつもは、乳飲んで、寝るだけの「くっちゃねー」隊なのですが、とってもアクティブにハイハイしてます。

おがくずランドで遊ぶ子犬たち↓

P1070292_ogakuzu.jpg

でも、おがくずのダストが口や鼻に入っちゃって、特にシャンティ母さんが舐めて排泄させるのに苦労している様子。

やっぱり、豚と犬は違うか・・・・ってことで(^^;)、別の案を考えました。

古いカーテン布を2つ折にして、間にクレイパウダーをふりかけ、その上に、人工芝を置いてはどうか?と。
人工芝は底に穴が開いているので、おしっこ水分は浸透し、クレイに吸収されるはず。
臭いも同時に吸収されるし、一石二鳥じゃないかってことで。

この子犬箱アップグレード作業の間、とりあえず、子犬たちをシャンティさんの丸クッションに一時避難させると、シャンティ母さんがすかさずそこで授乳しはじめました。

せまい場所で授乳すると・・・

P1070280_oppaismall.jpg

やっぱり危険です。ひとり、母さんの下敷きになって、ピーピー鳴いてました。
乳婆が救出しなかったら、危なかったかも。


ふと、気づいたら、アカネちゃんが目を開いてました。

アカネちゃんのかわいいおめめ↓
P1070277_akane_openeye.jpg

きゃー!かわいい!!

すっごいうれしくなって、前日の「ニンジャ・ショック」から少し立ち直った単純な乳婆(^^;)。

しばらくしたら、タンポポ姉さんも目が開いた!

P1070281_tampopo_openeye.jpg

・・・・のですが、ここで気づいたのです。
このタンポポ姉さんの写真からも分かるのですが、圧殺防止の手すり板に、顔がちょこんと載ってますよね。
そういえば、この顔チョコ状態で眠っている子もいます。

この状態で、シャンティ母さんがどすんと背中を向けて座ると、首が引っかかって窒息死しそうです。。。

もしかしたら、ニンジャくんの死因はコレだったかも。
そして、動かなくなったニンジャを、シャンティ母さんが真ん中につれてきて、暖めていたのかも。

子犬箱の欠陥、発見です。

 どうしたら問題解決できる?

すると、ラースは倉庫に行って、昔ガールズがブラウンレイクで泳ぐときに使っていたヌードル(細長い浮き棒)をもってきました。
これを、子犬箱内側の手すり板の上に取り付ければ、子犬は顔チョコができなくなります。

ヌードルを取り付けたあとの、子犬箱
P1070307_puppybox.jpg

これで子犬の安全度アップ♪

ニンジャくんの二の舞は出しません!


《生後2週間の子犬成長グラフ》

puppygraph151 copy.jpg

おなじみ、乳婆の趣味、子犬体重変動グラフでございます(^^;)。

1週間で体重倍、2週間で3倍になってる子も。ほぼ全員が1キロを超えています。


《さみしいタンク父さん》

タンク父さんはまだイクメンの出番に恵まれず、仲間はずれでさみしそう。

男子禁制の授乳室前で、忠犬ハチ公するタンク↓

P1070185_tank.jpg

それでも、シャンティは出産の翌日からお散歩に行きたがり、お散歩のときは一緒にデートできるので、タンク父さん大喜びです。

一緒にお散歩できて、うれしい♪

P1070164_Tank&sharnti.jpg

そして、授乳のあいまの奥さんケアも怠りません。

奥さんの世話をするタンク↓

P1070238_tankpamper.jpg

でも授乳タイムは父さん置き去りにされてしまい、犬用出入り口もシャンティ専用になってしまったので、ついつい、家のなかで、おそそうしてしまいます。

ゆうべは、うーーーん ぶりぶりっ(^^;)。
しかも、私のローズウッド製グランドピアノの横で。きゃーーー!!

そこで、ラースがタンク専用の出入り口を新設してくれました。

タンク父さんのためのドア新設↓

P1070306_tank_door.jpg


ますます犬仕様に改造されていく我が家。
そして、犬バカ度が悪化の一途をたどる私たち夫婦。

ときに悲しいことも、面倒くさいことも、大変なことも、いろいろあるけど、
あと6週間、子犬たちとの生活をめいっぱい楽しみたいと思います。


あ、そうそう。
6匹の子犬たちを家族として受け入れてくれるファミリー、全員決まりました。
すてきなファミリーばっかりです♪
しかも、ほとんどご近所さんなので、巣立っていったあとも、ときどき会えそうです。


JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 12:59 | comments(0) | - |
E-Conceptionのメルマガ 【第386号】

========================================2016/8/10 発行===
E-Conceptionの週刊メルマガ 【第386号】

     ◆◆おやすみ猫な、お気楽アロマ・マガジン◆◆
======================================================

──────── 目 次 ────────────
 E-Conceptionから、わくわく情報
  【今月の香り】コーヒー精油(新商品)
  【今月のプレゼント】クールジェル
  新商品★ラズベリーシードオイル
  新商品★マキベリー
  【特売】ミネラルジェル☆20%オフセール
 広報部長ヨーコの┃あ┃と┃が┃き┃
─────────────────────────

こんにちは、E-Conceptionの広報部長、ヨーコです。

8月2日〜3日にかけて、福島家のビーグル犬、シャンティが
無事出産し、見事に乳婆(ちちばあ)と化した福島に代わって、
メルマガをお届けします。

いよいよオリンピックが始まり、巷ではオリンピック一色なのですが、
福島ファミリーはそれどころではないようです。

シャンティが育児に専念できるように、掃除、食事、授乳サポート、
室温調整、体重チェック、体温チェック、散歩等のサポートをする
ことが主なお仕事なのですが、イーコンで培った経験を活かして、
そのお手伝いにも、ついついこだわりを見せてしまう福島&ラース。

適温をキープするための赤外線ランプ付き育児ボックスから始まり、
日々の体重の移り変わりが一目で分かる子犬別 体重増加グラフ
子犬のチェックがいつでもどこでもできる移動式モニターカメラ
などなど、ブリーダー1年生とは到底思えない、
隅々まで行き届いた徹底管理ぶりです。

すでに30名以上の方が、7匹の子犬たちの里親候補に名乗りを
上げているので、4倍以上の高い倍率の中、福島&ラースによる
厳重な審査が行われることになります。

この溺愛ぶりからすると、「やっぱり引き渡すの止〜めた。」なんて、
言いかねない勢い?!

乳婆の健闘ぶりや、子犬たちの様子は、このブログで随時更新中。

----------- ▼ 夏季休暇のお知らせ ▼ ----------------
※8月11日(木)、12日(金)は、おやすみさせていただきます。
 おやすみ中もお買い物カゴでご注文していただけますが、
 メール対応や商品発送はおやすみ明けとなりますことをご了承ください。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■E-Conceptionから、わくわくお知らせです!
───────────────────────────
【今月の香り】コーヒー精油(新商品)
───────────────────────────
コーヒー精油サンプル 煎ったコーヒー豆から抽出された精油を、

酸化しにくいホホバオイルに
3%の濃度で希釈しました。

濃厚で深みのある淹れたてコーヒーの香りを、
瞬時に楽しむことができます。

カフェでくつろいでいるようなリラックス効果がある他、
作業能力を大幅にアップさせ、

頭の中をスッキリさせる効果もあります。
テスト前や徹夜のお仕事など、

集中力が必要な時のサポートに最適です。

また、コーヒーの香りは、食欲をコントロールする作用があるので、
ダイエットにも効果的、しかも、抗酸化作用も優れているため、
キャリアオイルに加えてマッサージオイルとして使用することで、
アンチエイジングやセルライト対策も期待できます。

※妊娠中、心臓疾患のある方はご注意ください。

☆今月のご注文品に「香りサンプル袋」を同梱しております。

★『コーヒー精油(CO2抽出)3%ホホバ入り』

───────────────────────────
【今月のプレゼント】クールジェル
───────────────────────────
クールジェル 8月中、1万円以上ご注文いただいた方に、

もれなくプレゼント中♪

天然由来成分100%を使って、

爽やかな夏仕様に仕上げました。


フェイスからボディまで全身にご利用いただけます。


ひんやりしたつけ心地と、

ふんわり広がる癒しの香りで、
やさしく夏のお肌を潤わせます。

☆香りはクレイセラピーのためのアロマオイル 【リラックス】

【リラックス】は、疲弊した肌、乾燥肌に適したブレンドです。
日焼けの後や、寝る前のリラックスタイムなどにご利用ください。

《含まれる精油》 カモミールローマン、クラリセージ、マンダリン、
ラベンダー・トゥルー

※妊娠中のご利用にはご注意ください。

★『クレイセラピーのためのアロマオイル』

……………………………………………………………………………………
☆今月のプレゼント、特売、キャンペーン、
 お買い得情報などは、【今月のスペシャル】でご確認ください。↓

───────────────────────────
新商品★ラズベリーシードオイル
───────────────────────────
ラズベリーシードオイル ラズベリーの種子から抽出される精製オイル。

オメガ3やオメガ6をはじめとする

必須脂肪酸や、ビタミンE、ビタミンAなどの

有効成分が豊富に含まれています。

シミやたるみ、お肌のキメなど、

成熟肌のアンチエイジング対策に
効果的です。


人の持つセラミドに最も近い成分「ラズベリーセラミド」が、
お肌に潤いを与え、健康な肌へと導いてくれます。

また、「カロテノイド」の優れた抗酸化作用によって、
紫外線によるダメージからお肌をやさしく保護します。

サンスクリーン剤の代わりにはなりませんが、
紫外線対策サポートアイテムとして日頃のお手入れに加えてみましょう!

★『ラズベリーシードオイル』

───────────────────────────
新商品★マキベリー
───────────────────────────
マキベリー マキベリーは、チリ南部のパタゴニア地方に

自生している、マキという植物の果実です。

先住民であるマプチェ族は、古くから
健康食や儀式のために大切に利用して

きました。

かつてスペイン帝国が征服してきた時に、
マキベリーを発酵させたジュースを飲んで

いたおかげで、
マプチェ族は強靭な体で最後まで戦い抜いた、
という伝説も残っています。

最近、このマプチェ族の物語をもとに、
マキベリーのパワフルな抗酸化作用と、血行を促進する働きが
注目され始めました。

マキベリーは、ポリフェノールの一種である「アントシアニン」を
豊富に含み、抗酸化作用で有名なアサイーベリーの3倍近くの
含有量があります。

また、アントシアニンは400種以上の種類が存在すると言われて
いますが、マキベリーはその中でも特に強い抗酸化作用を持つ
「デルフィニジン」を豊富に含んでいます。

このように、圧倒的な抗酸化力を誇るマキベリーは、
アンチエイジング、美肌、血行促進、コレステロールの酸化防止、
抗菌、ダイエット、目の疲労回復など、
さまざまな効果が期待できる、まさに次世代スーパーフルーツなのです。

1日 2カプセル。体内のポリフェノール量が非常に少なくなる
午後3時頃に摂取するのが効果的です。

★『マキベリー』

───────────────────────────
【特売】ミネラルジェル☆20%オフセール
───────────────────────────
暑い夏は、すっきり感覚のジェルがお勧めです♪

お肌をラップする作用があるので、ミネラルジェルに混ぜた精油や
キャリアオイルの有効成分が、効率よく浸透していきます。

サッパリ感があるので特にボディ用に最適です。
肌にベトつかず早く乾燥するので、暑い日にはキャリアオイルの
代用にどうぞ!

★『ミネラルジェル』

マッサージ用精油ブレンドを利用して
お手軽簡単にマイ・ジェルを作ってみませんか?

★『マッサージ用精油ブレンド』

----------------------------○
 ┃あ┃と┃が┃き┃

オリンピックについていけていない福島ファミリーと同じく、
私も連日の息子(カイト)のテニス大会同伴のため、
オリンピック開会式や、最初のほうの競技を思いっきり見逃し、
今、一生懸命追いついている最中です。

カイトが参加したテニス大会は、
全国大会に進む上位7人を選抜する州大会でした。

各地域から集まった強豪48人が、
一つの目標に向かって戦う姿は、かなり熱かったです!

12歳以下限定の大会なので、今年が最後のチャンスの子がほとんど。
そして、涙する姿もチラホラ。

きっと、オリンピックに選ばれた選手たちも、
このような小さい大会からスタートしたのでしょうね。
もう、その物語を想像するだけで、ウルッときてしまいます。

大好きなことを一生懸命やり続ける情熱と夢がそこにある。

結果はどうあれ、そして出身国はどこであれ、
そんな姿を讃えたい気持ちになりますね。

みんな、がんばれ♪


-------------

☆E-Conceptionのフェイスブック

☆E-Conceptionのツイッター

☆E-Conceptionのインスタグラム

☆E-ConceptionのLINE@(ラインアット)


☆福島麻紀子の個人ブログ

------------- * メルマガ発行者 * ----------------------

 ◆イー・コンセプション E-Conception
  アロマ&ナチュラルライフ提案サイト
   
  通信販売サイト
   

 ◆International Natural Therapy Association (INTA)
  国際ナチュラルセラピー協会 公式サイト
 
 
 ◆FeelFree コトコのスピリチュアル・ワールド
  

-------------------------------------------------------
▼お友だちにこのメルマガをご紹介ください!
http://www.e-conception.org/mailmag1.html#mag2
※配信停止手続きも、こちらのページから出来ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2016 E-Conception & INTA

posted by: 福島麻紀子 | 最新メルマガ | 10:08 | comments(0) | - |
子犬育て記(5日目)〜子犬プロフィール付き♪
今日も子犬の話題です。5日目です。

乳婆、やみつきです。身も心も完全に犬バカと化しております。

乳婆のお仕事
P1070158_pop.jpg


生後3日目にプロフィール写真を撮影したので、子犬たちの自己紹介を書いてみました(^^;)。

※なお名前はブリーダー協会に登録するための書類上の名前です。
犬舎名が Lillepote(デンマーク語で「小さな手」の意味)なので、各自の名前は日本語でつけてみました。

子犬たちはとてもよく似ているので、見分けるために色違いの首輪をつけています。そのカラーの色に似ている日本の伝統色名を調べながら、思いついた名前です。(ブルータス以外)

※「色が真っ黒だけど、シャンティさんに似なかったの?」と聞かれたりしますが、トリ・カラーのビーグルは生まれたてはみんな黒いみたいです。
成長するにつれて、黒が減って茶色や白など色が入ってきて、いわゆるトリ・カラー(3色)になります。

*******************

《子犬たちの自己紹介》

ニンジャ ♂
Prof_ninja.jpg
「ボクは長男。からだの色柄がシャンティ母さん似。
 乳婆ファミリーが気づく前に、ぽろっと生まれたよ。
 生まれたときはけっこう大きかったけど、下の兄弟姉妹にいいおっぱいを譲ってしまう優しい性格なもんで、最初はなかなか成長しなかったんだ。
 でも、乳婆にサポートしてもらって、だいぶ大きくなったよ。」

ワサビ ♂
Prof_wasabi.jpg
「ボクは次男。緑色の首輪をもらったので、乳婆が”わさび”と名づけたらしい。
 おっぱい大好き。いったん加えたら離さないよ。たとえ、そのまま寝落ちしても乳首は決して離さないのがボクの信条だよ!」

フジ ♂
Prof_fuji.jpg
「ボクは三男。頭の色柄が一人だけ特徴的だよ。
 おっぱい争奪戦は燃える。まだ歩けないけど、ハイハイでいい位置をキープするよ。」

タンポポ ♀
Prof_tampopo.jpg
「わたしは長女。4番目に出てきた初めての女の子だよ。
 生まれたときは小さめだったけど、おっぱいへの執念は人一倍で、あっという間に兄弟姉妹で一番でっかくなったよ。
 乳婆はいつも私を出の悪いおっぱいに回すけど、なんのその。最後までしっかり吸いきるからね。
 乳腺炎対策なら、わたしに任せて。」

アカネ ♀
Prof_akane.jpg
「わたしは次女。顔の大部分が白いので、ルックスは一番ユニークだよ。
 サイズは小さめだけど、おっぱい飲むのは得意なの。
 タンポポ姉さんと二人、紅2点、丸々育ってるよ。」

ダイダイ ♂
prof_daidai.jpg
「ボクは四男。ほんとは、ホワイティ兄さんがいたから五男だったんだけど。
 ホワイティ兄さんがあんなことになっちゃって残念だったけど、ホワイティ兄さんはボクを救ってくれたんだよ。
 ボクは生まれたときから小さくて、おっぱい争奪戦でいつも負けちゃうチビ助。
 乳婆のサポートのおかげで、ようやく力がついてきて、3番目のおっぱいなら自力でゲットできるようになってきたよ。」

ブルータス ♂
Prof_brutus.jpg
「ボクは五男。シャンティ母さんのおなかのなかで、とても大きく育ったものだから、産まれてくるときは大変だった。
 兄弟姉妹よりもだいぶ遅れて産まれたので、しばらくはおっぱい争奪戦が苦手だったんだけど、今ではだいぶ慣れてきたよ。
 おっとりした性格なので、乳婆にサポートしてもらってるよ。」

*******************

日々の体重測定結果をグラフにしてみました。こーゆーことが大好きな乳婆(^^;)。

《子犬別 体重増加グラフ》

puppygraph copy.jpg


ラースは、母と子の健康のために、環境整備に力を入れています。

子育て部屋はこんな感じ。

P1070154_pop.jpg

赤外線ランプ付きの育児ボックス(ラースのお手製)まわりを、フェンスで囲ってあります。
シャンティ母さんはいつでも裏庭に出られるようになってます。

シャンティ母さんのオナラが激臭のため、窓に簡易換気扇を取り付けました。


昔、イー・コンセプションのオフィスに設置していた防犯カメラを改造して、モニターカメラを取り付けました。

P1070157_monitor.jpg

移動式なので、私たちがいる部屋どこにでも連れていって、子犬の様子をチェックしています。

子犬たちの散らばり加減から適温かどうか判断できます。

また、モニター画面でシャンティ母さんが授乳しはじめるのが分かるので、そうなったら速攻で現場に急行し、乳婆として子犬たちをサポートします。


そんななか、ちょっとかわいそうなのが、イクメン・タンク父さん。

彼は子犬の面倒をよくみる、いいお父さんだと聞いていますが、今はまだちょっと早いみたい。

授乳中にタンクが近づくと、シャンティのほうが警戒して授乳を中断してしまうのです。
なので、子育て部屋は男子禁制、母子専用となっております。

でも、タンクはシャンティと一緒にいたくて、子育て部屋のドア前でクーンクーンと鳴いて待っていたり、フェンスを飛び越えちゃったりするのです。

P1070146_tank.jpg

ごめんね、もうちょっとしたら家族みんなで水入らずできるからね。


もうひとつ!
「こんなにいっぱい生まれちゃって、この子たちはしあわせになれるの?」というご心配の声もいただいていますので、この場お借りして。

オーストラリアは動物愛護の意識が高く、繁殖にもさまざまなルールがあり、厳しく管理されています。
なので、子犬を迎えること自体が、かなり難しいのです。(特に、純血)

私たちはフェイスブック・ページにたまに投稿しているだけですが、既にウェイティング・リストに登録している飼い主さん候補は30名を超えています。

子犬は7匹しかいませんので、このなかからビーグル犬とハッピーにやっていけそうな、ライフスタイルの合致しそうなファミリーを、ブリーダー側が選んでいくことになります。

全員しあわせになってもらいますので、ご安心ください♪


JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 13:52 | comments(0) | - |
子犬育て記(3日目)
産まれた〜〜!!と喜んでいたのも束の間、さっそく忙しい育児タイムがやってきました。

オーストラリアでは飼い主さんに引き渡すのは生後8週間以降と決まっているので、これから約2ヶ月、この子たちをウチで育てていくことになります。

とはいえ、育児するのはシャンティかあさん。私たちはシャンティかあさんのお手伝い役です。

産まれたばかりの子犬の世話といえば、授乳。そして下の世話です。
まだ自分で排泄できないので、母犬がお尻を舐めてあげます。
そして、出てきたおしっこ&うんちは、母犬の栄養としてリサイクルされます。
野生では、子犬の痕跡をなくすことで捕食動物に見つからないように、母犬が糞尿を処理する、とも言われます。

P1070111_pop.jpg

私たちは、シャンティかあさんの健康状態をモニターしながら、
それぞれの子犬の成長を確認するのがお仕事です。

いやあ、これが思っていた以上に忙しいです。
お掃除に、お食事に、授乳サポート、室温調整、体重チェック、体温チェック、お散歩等々。

一番の大役は、授乳サポート。この仕事を乳婆(ちちばあ)と名づけました(^^;)。

乳婆(ちちばあ)の仕事とは・・・?

犬には10個の乳首がありますが、お乳の出には差があります。

よく出るおっぱいは子犬たちに人気なので、争奪合戦があり、強い子がその座をゲットします。
出のよくないおっぱいは、誰も吸ってくれないので、ますます出が悪くなり、下手すると乳腺炎につながってしまいます。

サポート役の乳婆(私のこと)は、人気のないおっぱいに、強くて吸引力のある子をあえて連れていきます。
こうすると、おっぱいの出もよくなるし、乳腺炎予防になります。

また、小さく産まれた子や、やさしすぎて?争奪合戦に負けちゃう子は、人気おっぱいへと誘導してあげます。

まだ目は開いていないから見えていないのですが、上手にいいおっぱいを探してチューチュー吸い付ける子と、連れていってあげてもうまく吸い付けない子と、かなり差があるんです。

放っておくと、おっぱい吸うのが上手な子ばかりがどんどん肥えていき、下手な子は栄養が十分とれず、衰弱していっちゃいます。

それが自然淘汰というものなのでしょうけど、せっかく産まれてきてくれた命ですから、なんとか全員が成長してくれることを祈る乳婆なのでした。


ちょうど16年前、双子が産まれたときのことを思い出します。やっぱり真冬のお産でした。

人間には2つの乳首があるので、ダブル・フィーディングしていたわけですが、左のおっぱいのほうが出がよいので、吸い付き時間を記録して、二人が平等に左右のおっぱいから吸えるようにと調整していたものです。

昨日は産後の検診で、シャンティ母さんと子どもたちを全員、VET(動物のお医者さん)のところに連れていったのですが、初めて双子を連れて病院に検診にいったときのことを思い出してました。


おっぱい吸えない子、ホワイティちゃん

ところで、授乳サポート中に乳婆は、一匹だけダントツにおっぱい吸うのが下手クソな子がいることに気づきました。
どんなに乳婆がサポートしようとも、おっぱいをくわえるのも一苦労だし、ようやくくわえられてもすぐに口を離しちゃう。

他の兄弟姉妹にまみれて「乳飲み隊」に参加しているように見えても、実は吸ってない。
そこらへんで寝っころがっていることが多く、おなかはすいているので、ピーピー文句ばっかり言うのです。

その子の文句がうるさいもんだから、シャンティ母さんも気になって、その子を舐めにいったりするので、
せっかくの乳飲み隊のアクティビティが中断されてしまうのです。

ごちゃごちゃ、ばらばらの乳飲み隊↓

P107009_pop.jpg

右下のほうに、白い首輪をした小さい子が寝転んでいるの、わかりますか?
この子です、問題のホワイティちゃん。

よくよく見ると、この子の唇は裂けていました。口に穴が開いている状態なので、空気が漏れてお乳を吸えないのですね。

P1070099_whity.jpg

よく見られる奇形だそうで、何もしなかったら、ふつう1週間ほどで死んでしまうそう。

そこで、動物用粉ミルクを買ってきて、FeelFreeフラワーエッセンスのスポイトで、人工授乳しはじめました。

P1070105_whity.jpg

おなかはすいているようなのですが、1滴ずつ舐めるのが精一杯。どうしてもうまく摂取できません。

生まれたときから小さめなほうでしたが、その体重がどんどん減っていき、2日目にして生まれたときの3割減ほどになってしまいました。


VET(動物のお医者さん)に相談したところ、この口唇裂は手術もできないことはないが、生後4週間まで待たないといけないそう。
それも、難しい手術になるそうです。

そもそも、このペースではヒトがどんだけがんばって2時間おきに人工授乳したところで、4週間はもたないでしょう。
人工授乳を試して、その結果も見てきただけに、それは明らかでした。

それに、この子がピーピー鳴くことで兄弟姉妹の授乳も邪魔されてしまうし、シャンティにとってもストレスになっています。
母犬にとってストレスになると、お乳の量も減ってしまうので、小さめの子たちがサバイブできないかもしれない。
下手したら、ひとはら全員餓死というリスクもないことはない。

いろんなことが一瞬のうちに頭のなかを駆け巡りましたが、ラースも私も結論は同じでした。

VETに安楽死をお願いしました。

私、自分が動物を殺す選択をするなんて、絶対ありえないと思っていました。
それなのに、なぜか、「これがベストな選択だ」と自然に思ったんですよね。。。

もうダメか?と思ったブルータスが生き返った「命の魔法」を目の当たりにしましたが、これが陰陽の「陽」だとしたら、
もうひとつの自然の摂理、「陰」のほうを体験している感覚。

7匹の兄弟姉妹が元気に育つために、ひとはらの命がひとつの魂となって、こんな選択をしているように感じられました。


そういえば、、、
動物のことに限りませんが、よく「こんなのって、ひどい」とか「○○がかわいそう」みたいな情に訴えるような記事とか目にします。
たしかにひどいケースもありますが、そのとき、その人の立場に立ってみたら、私も同じことをしている可能性もあるんですよね。

昔、弁護士さんから聞いた話を思い出しました。
「殺人犯からの供述をじっくり聞くと、もしも、自分もその立場で、そういう環境で、そういうことがあったら、殺してたかもな、と思うもんだよ。」

善悪、正誤、白黒判断することって、そう簡単にできないものです。
見方を変えれば、正解は変わるもの。
球に光をあてれば影ができ、その光をあてる方向を変えれば、影も変わります。

答えを決められるのは本人だけ。
誰かが決めた答えを見て、「それは、おかしい!」「間違っている!」と思うときは、情報不足、想像力不足が原因なのかもしれません。
とにかく、そういう感情が刺激されて出てきたのですから、その感情を認めてあげて、自分のなかの信念を見直すチャンスだと考えればいいんですよね。

そんなことを改めて考えさせられた一件でした。


ホワイティちゃんがいなくなって、授乳が静かでスムースになったことはたしかです。

シャンティかあさんが行方不明の子に気づいてしまわないか心配だったけど、それも大丈夫でした。
(犬は点呼確認できない・・・)

ゆうべから子犬たちがきれいに一列になって、それぞれのおっぱいを吸っています。
シャンティ母さんも落ち着いて、横に寝そべるので、子犬たちは反対側の乳首にも届きます。

P1070115_pop.jpg

今日からお座りスタイルも新登場。
子犬たちが力をつけてきたので、高い位置にしゃぶりつくこともできるようになったんですね。

P1070132_pop.jpg

7匹の子犬たちは、どんどん成長してます。

まだまだこれからも、いろんなことを勉強させてもらうのでしょうね。

シャンティさんと子犬たち、ふつつかな乳婆ですが、どうぞよろしく♪


JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 13:44 | comments(0) | - |
シャンティかあさんのお産日記
昨夜、産まれました!!

P1070085_puppies.jpg

福島家のビーグル犬、シャンティ&タンク カップルのお産レポートです。

シャンティは我が家に来る前にも、2回、タンクの赤ちゃんを産んでます。
最初は5匹、次は7匹。

ウチに来て初めてのシーズンは、残念ながら流産。
そういうわけで、今回、季節はずれの真冬の出産となりました。


出産前日。おなかも、おっぱいもパンパンに膨らんで、座るのも大変そう。
P1060980_sharnti.jpg

上から見ると、こんなカタチ。横に膨らんでいくのですね。
P1060982_sharnti.jpg

でも、こんなに大きくなっているのに、いつもと様子が変わらない。食欲旺盛だし、お散歩大好きだし。

犬の妊娠期間は最初に交配してから64日前後と言われるので、そこから計算していた予定日が8月2日、昨日でした。

昨日の朝から、既にパンティング(ハアハアいう早い呼吸)をしていました。お昼ごろになると、さらに激しくなりました。
体温を測ると、いつもよりちょっと下がってます。

「これは今夜かもね・・・」

そわそわして、なんにもできなくなります(^^;)。←ヒトだけです。
しかし、タンクさんは悠然とシャンティ奥さんの隣でお昼寝。

ふだん、タンクがシャンティをなめてマッサージしてあげることはよくありますが、
今日に限っては、シャンティがタンクをなめてマッサージしてます。

ベビーマッサージの練習台でしょうか?!


夕方になると、シャンティさんは落ち着かない様子で、うろうろ歩き回ってます。
外に行きたそうなので、リードをつけて一緒に庭を散歩しました。

膣から水分がポタポタ落ちていて、まるで破水?したかようです。
その水分を搾り出しては、自分で匂いをかぎます。

庭の茂みに入っていこうとするので、そこはダメよと引っ張ります。
(きっと茂みの中に、出産するための巣を準備していたんでしょうね。でも、それじゃあ、私たちは手伝えないし…)

すると、ふだん自分が寝る、ベランダのドッグハウスに入りたがりました。
本格的なお産がはじまるまで、なじみのある暗くて狭い場所で、陣痛をしのぎたいのだろうなと思いました。

7時頃、合唱団のリハーサルに出かけようと思って、ドッグハウスをのぞくと、
シャンティの足元に、なにか黒い物体が・・・

あら、もう、産まれちゃったの?!

P1070004_puppy.jpg


この子がおにいちゃん

P1070020_puppy.jpg

合唱どころじゃなくなって、あわててドッグハウスを解体して、お産サポート体制を整えました。

こちら、真冬なので、亜熱帯気候とはいえ、夜はけっこう寒くなります。
体温調整がまだ上手にできない子犬たちのために、ラースが赤外線ランプを準備して待ってました。

P1070069_puppy.jpg

(でも、このお産箱では産んでくれなかったのよね…。なので、赤外線ランプだけを外のドッグハウスに一時移動しました。)

そういうわけで、以降、写真が全部、赤くなってます(^^;)。あしからず。

子犬が産まれると母犬はすぐに舐めて、羊膜を破り、へその緒を食いちぎって、しばらく身体じゅう舐めまくります。
この舐め方がかなり乱暴なので、子犬が怪我しないかと気が気じゃないのですが、さすが、ベテランかあさん、加減を知ってます。

既に産まれてきた子たちを世話しているうちに、また陣痛がやってきて、いきみます。

次の子が産まれそう・・・

P1070031_puppy.jpg

いきむときは、さすがに子犬がどこにいるかまで気にかけてらんない!って感じで、下手したら踏み潰されそう。
なので、既に生まれている子犬たちは一時退避させます。

そこで、ラースのアイデア、パピー・ボックス♪

下に湯たんぽを入れてタオルでかぶせてあるので、子犬たちは温かい環境で安全に待てる、というわけ。

P1070046_puppy.jpg

シャンティかあさんは陣痛中でも箱のなかの赤ちゃんを舐めることができます。

P1070049_puppy.jpg

陣痛のあいだも、赤ちゃんの面倒を見続ける、おかあさん。

P1070058_puppy.jpg

こうして、5匹生まれたところで、ちょっとブレイクがありました。
大きなおなかには、まだ何匹か入っていそうなのに、陣痛が収まって、5匹の赤ちゃんにおっぱいあげたりしてます。

時間は9時半をまわり、赤外線ランプ使っても寒くなってきたので、家のなかに準備してあった出産用ボックスに移動させました。

移動はおもいのほか、簡単でした。

子犬たちをパピー・ボックスに入れて運んでいけば、シャンティかあさんが「ちょっと!それ!あたしの赤ちゃんなんだからね!」と血相かえて追いかけてくるのです(^^;)。

こうして家のなかに無事移動したあと、1時間半後に、もう1匹。
その30分後に、もう1匹。

この子は一番小さかったけど、それでもビーグルの赤ちゃんの標準値内。

7匹生まれたところで、シャンティかあさんはリラックスした様子で、横になってみんなにおっぱいあげてます。

でも、ときどき、陣痛が来るんです。何度か、いきんだりもするんだけど、血まじりの液体のほかは何も出てこない。

おなかを触ると、どうやら、もう1匹、中にいる様子。

シャンティかあさんは、子犬たちを残して庭に出たがります。

庭でおしっこしたあとで、いきむのですが、なかなか出てこない。

ようやく、羊膜の一部が顔を出しました。
でも、なんかヘン。犬のカタチしてない。

「これ、なに?」ってラースが聞きます。
(後産の胎盤かと思ったそうです)

ヘッドライトをあててよくよく見ると、後ろ足と尻尾らしきものが確認できました。

逆子(さかご)ちゃん、なのです。

シャンティさんは、既にいきみ終わったのに、なぜか引っかかって出てこないので、いらだってます。

私の手でその羊膜を引っ張り出そうとしたけど、かなり強く引っ張らないと出てこない。
こんなに強く引っ張ったら、子犬が壊れちゃうんじゃないかと不安になって、
ラースにやってもらいました。
(ラースは農家の出身だから、動物のお産サポートには慣れてるのです)

そのラースが「うーん、うーん」とうなるほど、しっかり引っ張りだして、ようやく出てきました。

それが、とっても大きな子なんです。
こんな大きくて逆子じゃ、そりゃ引っかかるでしょう。

ようやく出てきた羊膜をシャンティかあさんが破ったんだけど、動かないの。
口からスポイトを入れて、水分を吸い取ったんだけど、やっぱり息しないの。

 ああ、ダメだったかもね。。。

と私は諦めかけたんだけど、シャンティかあさんが、もんのすごい勢いで、
執念の舐めまくり攻勢をかけるのです。

そんなに強く舐めたら、生きていても死んじゃうよ?!というぐらい(^^;)。

1分間くらい舐め続けたら(私にはとても長く感じました…)、、、動き出したんです。

すごい、生き返った!!

シャンティかあさんの愛で生き返った!!

おもちゃのぬいぐるみみたいだったところに、命が通う瞬間。
生命の不思議を実感しました。


体重測定したら、328グラム。一番大きな男の子でした。

日付変更線を超えて、今朝1時近くのことでした。


ラースは自分が助産して生まれた子だから、そして自分と同じようにデカイからか?
特別の思い入れがあるらしく、「こいつは、ブルータスだ」と、この子だけ名前付けてました(^^;)。

逆子のブルータス

P1070072_puppy.jpg

これで、全員そろいました。

P1070085_puppies.jpg

みんな無事で、よかった♪

大変エキサイティングで、ドラマチックな一夜でありました。

シャンティさん、シェアさせてくれて、ありがとう。

これから子育てが大変そうだけど、引き続きがんばってください。


お産記録ダイジェスト・ビデオ、作ってみました↓



JUGEMテーマ:わんこ



posted by: 福島麻紀子 | | 10:39 | comments(1) | - |
どうしたら平和を維持できるのか?(その2)
みやさんが、昨日の記事『どうしたら平和を維持できるのか?』 にコメントしてくださいました。

ありがとうございます。
そういう議論がしたかったんですよ♪

平和がみんなの願いであることは間違いない。
では、どうしたらいいのか?

これを、みんなが一緒に考えて話し合える、そういう風通しのよい社会風土が広がっていくといいですね!


まず、私たちの情報源がどこから来ているのか?っていうのも重要ポイントかと思います。

私は日本国内メディアの情報はキャッチできませんから、ネット情報しか入ってこないので、情報が偏っているのかもしれません。
その分、英語圏の情報は入ってきますが、それぞれの立場によって捉え方は違いますよね。

日本のマスコミのメディア・コントロールについては、みやさんとは逆だと認識していました。
政権側が大手マスメディアを抑えていて、現政権に反する発言がしにくくなっている、と。

そうではないのですか? 私は日本のマスメディアのことはまったく分からないので判断できないんですが。


これは一般論ですが、マジョリティをもつ政権に対して異なる立場から問題提起するのがジャーナリズムの基本だろうと私は思ってます。
ジャーナリズムまで政権に同意してしまったら、バランス崩して暴走しちゃうでしょう。

政治って、絶対的な正解はまずほとんどないので、議論を重ねることがとても大切。
だから、同じ考えをもつ人ばかりじゃなくて、いろんな考えをもつ人たちがいろんな観点から話し合っていくことが大切だと思います。

ところが、国会で同じ考えをもつマジョリティ(与党)が3分の2まで占める状態だと、丁寧な議論よりも多数決で結論を出すことが先行されてしまいそう。
そこに歯止めをかけるのも、ジャーナリズムの役割ではないでしょうか。

だから、メディアに現政権の批判が出てくるのは健全な社会だと思うし、政権側もそれを受けてたって、私たちにも分かるように、どんどん議論して説明してくれたらいいと思います。

そして、時には感情的になるのも、いいと思います。魂のごちそうですから(^^;)。

政治的な議論って、過去生からのテーマ解消につながることが多いような気がするし。

ネットを見る範囲では(そんなにいちいち読んでいませんが)、両方の立場の人たちがそれぞれに意見を出しているようなので、ネットでの言論の自由は大丈夫みたいですね。


私も第9条は見直したほうがいいんじゃないかと思っていました。
集団的自衛権は絶対ダメ!というのは、甘い意見で、現実的にはキレイゴトなんじゃないの?って。

憲法学的なことは分かりませんが、
「戦争しちゃいけないコトになってるから戦争しない」というより、「どちらでも選択できるけど平和を選ぶ」というほうが自然でバランスがいいだろう、とも思います。

もちろん、9条を改正するなら、国防軍ができることと、できないこと、その線引きをしっかり決める必要がありますし、
特に、緊急事態宣言のところは、念入りに審議してもらいたいです。
もちろん緊急の事態になったら、いちいち議論なんかしている暇はないよ、っていうのは分かりますが、これを悪用されたら独裁国家になりますので。


しかし、戦争放棄を解除すれば、それが本当に「抑止力」となって「平和」になるのか?というと、そう簡単でもなさそうです。

まず、軍事力の問題。たとえば中国と比較したら、日本の軍事力ぜんぜん低いですよね。
「抑止力」にするためには、軍事力を引き上げる必要がありますが、
中国の軍事力に追いつくためには、どれほどの国家予算が必要なのでしょう?
きっと核保有国にならなきゃ、中国には対抗できないでしょうね。

世界唯一の被爆国が、核兵器を持ちますか?
冷戦時代、またやりますか?

そして、そのお金、国民の税金から捻出するわけですよね。ただでも大赤字国家なのに。
軍需で経済も回っていくから大丈夫っていう考えもあるんだろうけど、最初に投資するお金は膨大に必要なわけです。
その税金は、軍需産業、大企業に流れていくわけですね。

それで「平和」が確保できるならいいんですけど。


かといって、このまま9条をキープして戦争放棄しておけば、平和安泰なのか?というと、そうともいえない世界情勢になってきていることも事実です。

みやさんのご指摘どおり、アメリカが守ってくれた時代は過去のもの、軍事大国化する中国は国際社会でもやんちゃっぷりを発揮しています。
だから、第9条を改正しなくても、「解釈の範囲を広げて」自衛隊の軍事力をあげていく必要はあるのかも。

つまり、どっちをとっても平和が「当確」するわけではなく、とても難しい時代になっているんですね。

そういうことなら、現状に見合った第9条に改正すべき、という意見も分かります。
先のことはどうなるか、誰にも分からないんだし。


ただ、このことを考えているとき、(直接的には関係ないのですけど)アメリカの銃規制問題のことが思い浮かびました。

アメリカでは護身のために銃をもつ人が多いですが、その護身用の銃のために、大切なパートナーや家族を撃ってしまう、という事件がよく起きているようです。
自分と愛する人を守るための武器だったはずなのに、自分の愛する人を、自分の手で傷つけてしまう。
もちろん、一時の激昂であったり、事故だったり、その裏にはドラッグがあったりもするのでしょうけど。

守ろう、守ろうとがんばるほど、逆説的な現象が起きてしまう。

これ、引き寄せ論的にも納得がいくんです。

「守ろう」とするってことは、「自分の身は危険だ」という信念を潜在意識に送り込んでいるわけだから、「危険」な現実を創りだしてしまう(危険だと認識してしまう)、ということですね。

国にも集合意識があって、戦後は「日本は戦争しない国です」という信念はおおかたの日本人のあいだで共有されてきたことと思います。
それが平和ボケした日本人のノーテンキさ、ともいえますが(^^;)。

ところが、今回の改憲問題が持ち上がってきて、「もしかして、このままでは危険なのかも」っていう危機感をもつ人たちがだんだん増えてきた。
それはイイコトだと私は思います。
政治に無関心な人たちが刺激されて、みんなで議論できるキッカケになっていますしね。

だけど「危険なんだ!」と思うことが、危険な現実を創ってしまうのかも。
反対にみんなが「日本は平和な国なんだよね〜」ってノーテンキに思い込んでいたら、それはそれで平和なままかもしれない。

ノーテンキに暮らしていたら突然、お隣さんからミサイルが飛んでくる、なんてことはあるかもしれないけど、少なくともミサイルが飛んでくる直前まで心情的には「平和」なわけです。
そして、そのノーテンキさゆえに、なんとなくお隣さんもミサイル飛ばしにくくなる、っていう集団心理は、実際あると思います。

 売られた喧嘩は買わない。
 同じ土俵で勝負しない。

という強い覚悟と信条があるなら、それはそれでエネルギー的なシールド、抑止力になるだろうな、とは思います。


ところで、尖閣とか領土問題を聞くたびに思うのですが、
お互いが「ウチらのもんだ!」と主張してるばかりだったら解決しようがないですよね。

「ウチらはウチらのものだと認識しているけど、あなたがたはあなたがたのものだと認識しているんですね」 と現実を認めて、
そこから「じゃあ、どうすれば、お互いにハッピーになれるでしょうね?」という話し合いをすればいいのに。

こんなこと言ったら怒る人も笑う人もいるのは承知のうえで あえて言うけど(^^;)、なんで国土って「シェア」しないんでしょうね?

漁業圏も共有、海底油田も「日中共同開発」したらいいのにな、って。
武力行使してお互い傷つけあうより、ずっと建設的じゃない?

地球には、最初から「どの国のものです」なんて名前書いてないもん。
なんで「自分のもの」にしたがるんだろう。

そうならないのは、世界中みんなが追いかけているのが、経済的な豊かさだから、なんでしょうね。。。


「中国はそんなおとぎ話、聞く耳もたないよ」って言われるかもしれないけど、中国人でも個人的にはやさしくて賢くて懐の深い人はいるんですよ。
政府に情報コントロールされていたり、また、反日的な様子ばかりが報道されたり、政府がどこかズレてるから、まともな話し合いができないだけかもしれません。


この状況を打破するのは、そして、世界を平和に導いていくものは、「政治」ではないのかもしれないなあ、とも思います。

カルチャーとか、スピリチュアルとか、民間レベルで広がっていくようなこと。
偏見をもたないで、まっすぐにコミュニケーションするところから生まれるのかもしれない。


三宅洋平クンが外務大臣になったら、それが実現するかもね。(笑)

彼の選挙フェス演説は、たしかに「お花畑」で甘い部分もあるけれど、その大風呂敷広げたお花畑が実現する日が来るかも?と思わせるくらい、ハートに伝わってきました。

まだ見ていない人がいたら、ぜひ見てみてください。偏見持たずに、とりあえず1本は通して聞いてみて!
YouTubeで「三宅洋平 選挙フェス」って検索したら、出てきます。


ところで、憲法改正には衆議院、参議院で3分の2の賛成があった上で、国民投票にかける、というのは、以前から96条で決められていたんですね。
第一次安倍政権のとき、その国民投票の手続き方法を定めた、と。つまり、安倍政権は当時から改憲を目指して準備していた、ということでしょう。

国民投票というのはフェアそうだけど、法律の専門家の間では、実は欠点のある決議手段としてみなされているそうです。
時の政権が世論調査をみながら、国民投票のタイミングを見計らって決めることができるから。
「今ならイケるな」というタイミングで、国民投票にかければ思いのままになりやすい、と。
(それが見事に誤算で覆されたのが、イギリスのEU離脱だったわけですが)

その前に国会できちんと審議してもらいたいし、代表者を選んだ私たちがその国会をしっかり見守ることも大切。

そしてなにより、私たちは私たちなりに勉強しておきましょう!

私も、まだまだ知らないことが、いっぱいありすぎです。。。


JUGEMテーマ:国際社会



posted by: 福島麻紀子 | 日記 | 11:04 | comments(8) | - |
E-Conceptionのメルマガ 【第385号】
=====================================2016/7/13 発行===
E-Conceptionのメルマガ 【第385号】

     ◆◆おやすみ猫な、お気楽アロマ・マガジン◆◆
=================================================
──────── 目 次 ────────────
 今週のハッピー・メッセージ
 E-Conceptionから、わくわく情報
  【今月の香り】 クレイセラピーのためのアロマオイル
  制汗アロマクレイウォーター、新発売
  お得なセット × 円高還元☆感謝セール!
 福島のスピリチュアルコーナー:選挙も政治もスピリチュアル♪
─────────────────────────

こんにちは、E-Conceptionの福島麻紀子です。

日本のみなさん、暑いなか、毎日ごくろうさまです。

イーコンから暑さを吹き飛ばす、さまざまなアイデアをご提案しますので、
ぜひご利用ください。

こちら日本とは季節が逆なので、半年前から試用チェックできるんです(^^;)。

さて、福島家のビーグル犬のシャンティ♀、もうすぐお産です。
子犬誕生の様子など、ブログやフェイスブックでお伝えしていきますね〜!


┏━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
┃■今週のハッピー・メッセージ by E-Conception
┃================================
┃   今週もワクワク楽しく過ごすための、こころのビタミン。
┃   ハッピー・メッセージをお届けしまーす♪
┗━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

【今週のメッセージ】
 I don't do the things that I don't want to do.
 やりたくないことは、やらない♪
--------- * --------- * --------- * --------- * --------- * --------
 これ、私の新曲のタイトルです。
 このファンキーな歌、日本のコンサートでウケたばかりか
 「心のお守りにする〜」なんて、友人が言ってくれたりして、
 うれしくなって動画まで作ってしまいました(^^;)。

 「やりたくないことはやらない」なんて子どもに同調されたら困る…
 というお声も聞いていますが(^^;)、
 大目標を達成するための過程にある「面倒くさいこと」は
 その価値があるかどうか、大目標のベネフィットとともに
 考慮する必要があるでしょう。

 要するに、お伝えしたかったことは
 「やる必要もないのに、やらなきゃいけないと思い込んでいること、
  ないですか?〜」ってことです。

 魂がやりたくない!って言っているなら、
 本当はやる必要がないか、あっても他の方法があるか、はたまた
 やりたくないと思ってたけど、実は自分、けっこう楽しんでた!
 みたいな気づきだったりもするんですよね。

 魂の声をしっかり聞いて実行してあげましょう、というご提案です。
----------------------------------------------------

この歌の 本意解説ブログ はこちら

YouTube動画 『やりたくないことは、やらない♪』
 一緒にダンス&シャウトしてね☆
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■E-Conceptionから、わくわくお知らせです!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【今月の香り】 クレイセラピーのためのアロマオイル
------------------------------------------------------
クレイセラピーのためのアロマオイル
E-Conceptionオリジナルのユニークな「水に溶ける精油」。

 『クレイセラピーのためのアロマオイル』

今月のご注文に、もれなく同梱プレゼント中♪

6種類のすてきな香りブレンドから、
サプライズでサンプル袋をひとつ、お届けします!

《リラックス、リフレッシュ、フローラル、ピース、シトラス、ハーバル》

 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。

今なら、クーポンコード AromaClay で10%オフ!
(7月末日まで有効)
さらに円高還元☆感謝セールで、
クーポン使うとレジで19%オフになります。

 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。

【香りのサンプル袋☆オススメ使用法】
 中身をすべて湯船に入れて、かき混ぜるだけで、
 安全で心地よく香るアロマバスをお楽しみいただけます。

 あるいは、、、

 100ミリほどの水に溶かして、スプレー容器に入れれば、
 ルームコロンの出来あがり〜。

『クレイセラピーのためのアロマオイル』 はこちら
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【制汗アロマクレイウォーター、新発売】
------------------------------------------------------
制汗アロマクレイウォーター
先月のプレゼントだった『制汗アロマクレイウォーター』、
好評につき、今月から新商品としてデビューしてます!

アロマ&クレイセラピーを活用したイーコン・オリジナルの制汗剤。

クレイが汗を抑えて臭いを吸収、精油たちの抗菌作用で、
サラッとさわやかに保ちます。
汗ばむ季節に、どうぞご利用ください。

制汗アロマクレイウォーターデビュー記念で20%オフ!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【アロマin蒸留水、全品20%オフ!】
------------------------------------------------------
アロマin蒸留水
暑い夏を乗り切るための、やさしい味方。

特に、ペパーミント、ローズマリー、ティートリーウォーターは
さっぱりリフレッシュにおすすめです。

精油ごと蒸留した、香りよいアロマウォーター、全品2割引中!

※そのほか、セール中のアイテム はこちらでご確認ください
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【お得なセット × 円高還元☆感謝セール!】
───────────────────────────
お得なセット
お客さまの利便性を考えて、
よく一緒にご購入いただいている商品をセットにして、
通常価格から10%オフ!

ひとつのお買い物カゴから、1アイテムとして
かんたんにご注文していただけます。

アウトドアセット
UVナチュラルメイクセット
スキンケア基本セット
ウィンクルセット
レスキュー湿布セット
クレイフェイシャルキット

セット商品カテゴリー はこちら

そして、これらの特売プラス・・・・

 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。
円高還元☆感謝セール!
ただいま、円高還元☆感謝セール中!
5000円以上のお買い物で、レジにて全品10%オフ!

特売品、クーポンによる割引から、さらに10%オフになるという、
太っ腹企画です。

為替の変動によって突然終わるかもしれない、
ドキドキの今だけセールです。
どうぞご利用ください!

 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。

※今月の香り、プレゼント、特売、キャンペーン、
 お買い得情報などは、【今月のスペシャル】でご確認くださいね!
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
■福島のスピリチュアルコーナー
───────────────────────────
●選挙も政治もスピリチュアル♪

イギリスのEU離脱、オーストラリアのダブル総選挙、
そして日本の参議院選挙と、このところ世界&日本の社会情勢で
心が忙しく、メルマガ書けませんでした(^^;)。

政治のことを言うと、うざいとか、あっちに行っちゃった、とか
イーコンで政治活動なんかするな!とか、
思われる読者さんもいらっしゃるかと思います。

だけど、今この地球で起きていることは、
政治レベルの話では済まない、もっと壮大なテーマです。

地に足のついた、究極のスピリチュアル。
この時代に地球に生まれてきた、わたしたち魂にとって
大切な選択のとき、そして
新しい未来を創れるワクワクな時代が
目の前に開けてきている、と感じます。

過去と同じ価値観のまま 過去に戻そうとするのではなく、
新しい価値観で、新しい未来をどう創っていきたいのか?

そのビジョンを私たちが描いていく時だと思います。


私は今まで、とにかく「わがまま」になって
自分自身を癒すこと、自分の魂の声を聞くことを優先させてきました。

おかげさまで、自分のまわり(家族や会社)は
ハッピーエネルギーに包まれて、しあわせな毎日を送っています。

自分がしあわせで満たされていれば、外の世界、つまり
国際社会や政治経済なんて、関係ないだろう、と思ってました。

でも、自分の内面にどんどん入り込んでいった先には、
大きな宇宙がありました。
そして、その大宇宙を通じて、世界中のすべてとつながっていました。

内面経由でつながる世界に、内面経由で働きかけることもできます。
でもそれと同時に、外の世界から働きかけることもできるんですね。

それが「政治参加」「選挙」「投票」であり、
また、「自分の意見を公にして伝えること」
でもあるのですね。

今までのスピリチュアル・ジャーニーで
自分の過去生をいくつか見たことがあります。

アトランティスが崩壊する直前に
「このままだと、崩壊しちゃうよ!」と警鐘を鳴らしていたのに、
力が足りず、崩壊させてしまった過去生。
そのときの後悔と罪悪感が残っています。

また別の過去生では「言論の自由」を奪われて、
時の権力に弾圧されたこと。

そして、なぜか太平洋戦争の記憶もあるんです。
空襲で焼け野原になった東京に一人立ちすくんでいる自分。

過去生ってものが本当にあるのかどうかは私にも分かりません。
ただ、地球上の情報はぜんぶ大宇宙に記録されていますから、
それとつながってダウンロードしている、という可能性はあると思ってます。

本当にそこに生きていたかどうかは分からないけど、
そういうことがあったことは、「知っている」という既知感。
あるいは、「自分の魂が影響を受けている物語」といってもいいでしょう。

私の場合は、社会が変革するときに「そっちに行ったらマズイよ」
という立場での物語の影響が強いようで、
その立場で失敗したり、つらい目に遭ったりしたもんだから、
思っていることを公言することが、実はとても怖いのです。

でも、これ、魂の声なんです。
今、ちゃんと言わなきゃ、また過去生の繰り返しだよ!

だから、ちゃんと発言することにしました。

誰が悪いとか、どの政党が、とかいうことではなく、
「こうなったらいいな♪」という理想の世界を
描いていきたいです。

 。.:*・ *:..。.:*・ *:..。.:*・ *:..。

★最近、福島のブログ、復活してます(^^;)

---------------------

E-Conceptionのフェイスブック

E-Conceptionのツイッター

E-Conceptionのインスタグラム

E-ConceptionのLINE@(ラインアット)

福島麻紀子の個人ブログ


------------- * メルマガ発行者 * -------------------

 ◆イー・コンセプション E-Conception
  アロマ&ナチュラルライフ提案サイト
  通信販売サイト
   
 ◆International Natural Therapy Accosiation (INTA)
  国際ナチュラルセラピー協会 公式サイト
 
 ◆FeelFree コトコのスピリチュアル・ワールド
  
-------------------------------------------------------
お友だちにこのメルマガをご紹介ください!
※配信停止手続きも、 ↑こちらのページから出来ます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
Copyright(C) 2016 E-Conception & INTA
Check
posted by: 福島麻紀子 | 最新メルマガ | 14:31 | comments(0) | - |